葛飾北斎 琉球八景展

公開日 2017/04/26

琉球八景を描いた葛飾北斎は江戸時代後期に活躍した浮世絵師で、89年の生涯で版画や肉筆画3万点を描きました。

「琉球八景」は錦絵全八枚で構成され、琉球の景勝地が描かれています。しかしこれは北斎が異国である琉球を訪れて描いたわけではなく、徳川幕府が刊行した書のなかの挿絵を見て描いたと言われています。本展覧会では当館所蔵の「琉球八景」と校合摺りを合わせて期間限定展示いたします。どうぞお見逃しなくご覧ください。
新コレクション展・常設展もご覧いただけます

H29琉球八景展-1

催事名称 葛飾北斎 琉球八景展
開催期間 平成29年4月29日(土)~5月14日(日)
会 場 浦添市美術館企画展示室2
観覧料・入場料 一般200円、シルバー(65歳以上)160円、大学生130円、高校生以下無料
開館時間 午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)
※金曜日は午後7時まで開館。最終入館は午後6時30分
休館日 毎週月曜日※ただし月曜日が祝祭日の場合は開館。
お問合せ 浦添市美術館 TEL:098-879-3219

※アート動画もお楽しみください。

「琉球漆芸とアートに出会う沖縄 Narration+Subtitle Ver.」(浦添市公式ユーチューブチャンネルより)

地図

浦添市美術館

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

イベント表示形式を変更してイベントをさがす

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード