国立劇場おきなわ 組踊公演 「伊祖の子」

公開日 2020/11/27

組踊公演 「伊祖の子」

継子いじめを背景に、親子の情愛を描いた世話物の組踊です。

雪の降らない南の島で「雪」を舞台構成の主題とした珍しい設定となっており、

同じ筋書きである組踊「雪払い」との違いも見どころです。

平成20年に伝統組踊保存会で復活上演され、国立劇場おきなわでは初上演となる組踊「伊祖の子」をお楽しみください。

 

【あらすじ】
王命を受けて北山の風俗改めに行くことになった伊祖の子は、妻の乙樽(継母)と子どもの思鶴、亀千代を呼んで、留守中のことを頼んで出発します。

しかし、乙樽は思鶴に雪の中で綛を掛けさせたり、降りしきる雪の中で庭の雪を払わせたりしていじめ、言いつけた事をやっていないと言って思鶴を叱りつけ、着物をはいで追い出してしまいます。

雪の中、倒れている思鶴を弟の亀千代が見つけ、着物を着せて継母の許しを乞いますが聞き入れられず、思鶴はひとり雪の中に取り残されてしまいます。
伊祖の子は、北山から帰る途中、寒さのために気を失っている思鶴を見つけて驚き、帰宅して乙樽を切り殺そうとしますが、子ども二人の嘆願で思い留まります。

乙樽はこれまでの行為を反省し改心します。

 

20201212_omote

20201212_ura

講演

組踊公演 「伊祖の子」

日時

令和2年12月12日(土)

14時開演

会場

大劇場 ※字幕表示がございます。

入場料

一般3,200円 ※発売開始日 11月1日 

演目

【第一部】琉球舞踊
女こてぃ節: 久手堅一子
坂本節:  松原和美・大城美由紀
若按司長刀踊り: 宮城茂雄
波平大主道行口説: 池間隼人

【地謡】 
歌三線: 玉城和樹 仲嶺良盛 金城亮太
箏:宮城秀子
笛:我那覇常允
胡弓:川平賀道
太鼓:宮里和希

【第二部】
組踊「伊祖の子」
立方指導 : 島袋光尋
地謡指導 : 山城暁

【配役】
伊祖の子   : 宇座仁一
乙樽     : 平田智之
思鶴     : 金城真次
亀千代    : 伊藝武士
供      : 知花令磨

【地謡】 
歌三線: 山城暁 新垣俊道 仲村渠達也
箏:宮城秀子
笛:我那覇常允
胡弓:川平賀道
太鼓:宇座嘉憲

※演目・出演者等は変更となる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

沖縄国立劇場おきなわ

〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4丁目14-1
国立劇場おきなわ1階

☎098-871-3350

営業時間 10:00~18:00
電話受付 10:00~17:30
休業日 年末年始

HP

コチラ

地図

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る