国立劇場おきなわ 組踊公演 「手水の縁」

公開日 2021/02/18

組踊公演 「手水の縁」(てみずのえん)

数ある組踊の中で唯一の恋愛物であり、人気の高い作品、組踊「手水の縁」(作・平敷屋朝敏)を上演します。
恋愛が禁止されていた時代の中、純愛が成就するというストーリー。
歌詞内容や使用されている音曲も見所・聴き所の多い作品です。
第一部では、古典舞踊から雑踊までを中堅・若手の出演で、春にふさわしい爽やかな演目をお届けします。

【あらすじ】

波平大主の一人子・山戸は、花見の帰り道、波平玉川で髪を洗う美しい娘・玉津に一目惚れし、玉津に川の水を手に汲んで飲ませて欲しいと言い寄ります。断る玉津でしたが、山戸の情熱にうたれ二人は恋仲になります。ある夜、山戸はひそかに玉津のところへ忍び入ったところを門番に見つかってしまいます。二人の仲は世の噂となり、家名に傷がつくことをおそれた玉津の父は、家来に娘の処刑を命じるのでした…

 

20210313_omote

20210313_ura

 

講演 手水の縁(てみずのえん)
日時

令和3年3月13日(土)14時開演

会場 大劇場 ※字幕表示がございます。
入場料 一般3,200円 ※発売開始日 2月1日(月) 

演目

【第一部】 琉球舞踊
「柳」城間 千恵美
「揚作田」阿嘉 修
「花風」宮城 裕子
「川平節」新垣 江里子 新垣 麻里子

【第二部】 組踊「手水の縁」

立方指導 : 海勢頭あける
地謡指導 : 大湾清之

【配役】
山戸     : 田口博章
 
お問い合わせ先

沖縄国立劇場おきなわ

〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4丁目14-1
国立劇場おきなわ1階

☎098-871-3350

営業時間 10:00~18:00
電話受付 10:00~17:30
休業日 年末年始

HP コチラ

地図

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る