ハブクラゲ注意喚起

公開日 2020/06/03

本県の海には、猛毒を持つハブクラゲが生息し、一年のうち6月はじめ頃から人体へ影響を及ぼす大きさに急激に成長します。この時期は、海水浴、マリンレジャー等で海への出入りが多く、刺症被害も多く発生しています。

 令和元年は、ハブクラゲ等海洋危険生物による刺咬症被害166件の内、37件(約22%)がハブクラゲによるものです。

 県では、令和2年6月1日から9月30日までの間、ハブクラゲ発生注意報を発令し、広く県民や国内外から訪れる観光客に対し、ハブクラゲによる刺症被害を未然に防止するよう呼びかけます。

皆さま海へ行く際はお気を付けください。

令和2年ハブクラゲ発生注意報

【日本語】[PDF:446KB]

【英語(English)】[PDF:455KB]

【中国語(中文)】[PDF:479KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る