中華料理 煌(こう)

公開日 2016/01/18

上質な肉を惜しげなく。夫婦で営むまちの中華屋さん

kou01
国道58号近くの学園通り沿いにある、笑顔と愛情あふれるまちの中華料理店。厳選した食材を使い、料理は仕込みからすべて手づくりにこだわり、「おなかいっぱい食べてほしいから」とボリュームも満点。約20種類ものバリエーションをそろえる人気の湯麺(ラーメン)・炒麺(焼きそば)をはじめ、一品料理から定食、宴席コースまで、四川・広東をベースにした多彩なメニューが楽しめる。

kou02

kou03
店を営むのは、県内外の専門店やホテルで経験を積み、中華一筋で腕を磨いてきたご主人の昌克さんと奥様のまゆみさん。もともと下駄ばきだった自宅の一部を改装して、現在の店舗をオープンしたのが1990(平成2)年。開店以来の常連客を毎日温かく出迎えつつ、「まだ来たことがない方、とくに若い人たちにも、ぜひ気軽に利用してもらえれば」と、まゆみさんは話す。

kou04
数あるメニューの中でひときわ人気が高いのが、具材たっぷりのあんかけがウマウマ!な「五目ラーメン(810円)」。鶏、豚骨、昆布、5種類の野菜をバランスよく調合し、丹念に煮込んで旨みだけを抽出したスープは、体にスッとなじむやさしい味わい。「オープン当初からのレシピを一部改良し、2015年にリニューアルしました。あんかけの具材も、ちょっぴりですが増量したんですよ」。レシピの詳細は企業秘密。以前に食べたことがある方、この絶妙な味の違いがわかるかな?

kou06
「常連さんに評判で、おなかをすかせた男性諸氏にオススメの一品をお願いします!」とリクエストしたところ、つくってくれたのが「タコス春巻き(540円)」。見た目はオーソドックスな春巻きだけど、カリカリの皮の中にはご覧の通り、チーズとタコミートがぎっしり。「数種類のスパイスをブレンドし、パンチを効かせた激辛メニューは、お酒のおつまみにもぴったりですよ」と今度は昌克さん。

kou07
運ばれてきた料理をせっせと撮影していると、昌克さんは謙遜しながら、「牛肉も豚肉も、ちょっといいものを使っているんです。この『ギョーザ(410円)』も、材料自体は至ってシンプルですが、豚ミンチの肉の質にはこだわっています。味の評価はもちろんお客さま次第ですけどね」とボソリ。逆にいえばシンプルな料理だからこそ、味の差が表れやすいもの。まゆみさんによると、「餃子は常に試行錯誤の連続。現在ようやく落ち着いたのがこの味です」とのことだ。

kou08
県外から来た人にとりわけ喜ばれているのが、「牛肉を使った料理がリーズナブルなこと」。良質な素材を仕入れ、一定期間熟成させて旨みを増した牛肉を、すべてのメニューで惜しげなくふんだんに使用する。例えばお手頃な「牛肉ラーメン(842円)」一つ取っても、「麺の上に焼肉がのっている」ような、本格感とボリューム感があるそうだ。おなかをすかせたお子さまを連れたお父さんやお母さんたち、店内には大人数対応のテーブル席や座敷席があるので、安心して利用できますよ。いつ訪れても、心もおなかも大満足の食事が楽しめるはずだ。

 

DATA

kou09

店名
中華料理 煌
(ちゅうかりょうり こう)
問い合わせ先
098-875-2373
住所
沖縄県浦添市城間4-37-2
営業時間
11:30~15:00、18:00~21:55(L.O.)・22:30(閉店)
定休日
火曜
駐車場
8台
平均予算
・ランチ:1,000円前後
・ディナー:1,000円前後
支払い
・クレジットカード:不可
・電子マネー:不可

地図

中華料理 煌

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード