浦添御殿(うらそえうどぅん)の墓 [市指定史跡]

公開日 2013/01/09

市内最大級の亀甲墓

第二尚氏14代国王「尚穆(しょうぼく)」の第二子「尚図(しょうと)」又の名を「浦添朝央」(うらそえちょうおう)を祖とする浦添家の墓です。

浦添御殿(うらそえうどぅん)の墓

墓は18世紀頃の造営と推定され、浦添市内でも最大級の亀甲墓です。周辺を囲む高い石垣や墓を構成する大きな岩板など、その時代の権勢の高さを物語ります。

浦添御殿(うらそえうどぅん)の墓

スポット情報

スポット名
浦添御殿(うらそえうどぅん)の墓
住所
沖縄県浦添市沢岻(字)993付近
アクセス
バス:系統番号87・287番乗車「沢岻小学校」バス停下車、徒歩10分
駐車場
無し

地図

浦添御殿(うらそえうどぅん)の墓 [市指定史跡]

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード