沖縄の唄・三線に気軽にチャレンジ

公開日 2014/07/10

ユニークな教材で初心者でも親しみやすく

amekusansin_taiken01

エレキ三線の発明者で、数々のコンクール受賞歴を持つ天久博俊さんが、初心者向けの三線体験を行なっている。平日午前中に予約制で受け付けており、レッスン時間別に90分、120分、150分の3コースを設定。

amekusansin_taiken02

敷居を低く、誰もが気軽に参加しやすいように、使用する教材にも独自の工夫を凝らし、「一人でも多くの人に、三線の楽しさを実感してもらえれば」と天久さんは話している。

amekusansin_taiken03

レッスンではまず基礎知識として、三線の持ち方、チューニング方法、基本姿勢、楽譜の読み方などをマスターする。その後は実際に音を出して、指使いや音階を練習し、慣れてきたら「てぃんさぐぬ花」「上を向いて歩こう」などなじみ深い楽曲の独奏にチャレンジ。

amekusansin_taiken04

「三線に触れるのが初めての人でも、体験が終わる頃にはどうにか弾き通せるようになりますよ」とのことだ。

amekusansin_taiken05

天久さんは異色の経歴の持ち主だ。誰にも師事せず、すべて独学で三線を覚え、師範の座にまで登りつめた。「こうしたほうが便利だろうと思ったことは、何でも積極的に取り入れてきました」という進取の精神は、指導内容にも反映されている。

amekusansin_taiken06
amekusansin_taiken07

例えば体験に使われる三線の竿には、天久さんが考案した「三線フレットシール」が貼られている。シールには指のポジションを示すマークがプリントされており、弦を押さえる位置によって音の出方がどう変わるのか、目で確かめながら練習できる。また通常は縦書きで表記される「工工四(クンクンシー)」と呼ばれる楽譜も、「一般の人は五線譜のほうが見慣れているから」と横書きにアレンジされている。

amekusansin_taiken08

体験だけでは飽き足らず、三線を趣味で習いたい、本格的な技術を身に付けたいという人は、天久さんが市内2カ所で講師を務める三線サークルに参加してもいいだろう。毎週土曜日の午前中には、子ども向けの三線教室も開催している。また体験会場にはエレキ三線の工房が併設し、歴代の作品・試作品が展示されているので、一度のぞいてみると面白い。

DATA

amekusansin_taiken09

店名
天久三線
(あめくさんしん)
問い合わせ先

090-1941-6585
amekuh@yahoo.co.jp

住所
沖縄県浦添市西原1-18-8
定休日
日曜、旧盆、正月
開催日

月曜~金曜 10:00~12:00

コースメニュー・
料金

・初心者三線体験 90分 2,000円
・初心者三線体験 120分 2,500円
・初心者三線体験 150分 3,000円

予約
要予約
駐車場
1台
その他

・1グループ1名~最大4名まで
・体験会場はエアコン未設置。夏は大型扇風機を運転。飲み物やタオルの持参推奨
・教室の見学は随時受け付け
子ども教室 土曜10:00~12:00
三線サークル 土曜13:00~15:00(浦添市かりゆしセンター)
三線サークル 火曜19:00~21:00(浦添市立中央公民館)

地図

天久三線

関連ワード

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード