大好評の夏休み企画!組踊の舞台裏を見学

公開日 2014/07/10

伝統ある舞台芸術を体験できるワークショップも!

kokuritugekijyoKengaku01_2

「国立劇場おきなわ」は、国の重要無形文化財「組踊(くみおどり)」をはじめとする沖縄伝統芸能の保存振興を図るとともに、沖縄の地理的・歴史的な特性を生かし、伝統文化を通じたアジア・太平洋地域の交流の拠点となることを目的とする劇場。組踊や琉球舞踊、琉球音楽など、バラエティに富んだ公演を行っている。

kokuritugekijyoKengaku01

夏休みに行われる「夏休み親子劇場探検ツアー&バックステージツアー」は、普段はなかなか見る機会がない舞台裏の見学や、ワークショップを体験できる人気企画。ツアーを通して、組踊観劇をより深く楽しむことができるはず。

kokuritugekijyoKengaku02

まずは、舞台の裏側をのぞく「施設見学」。ふだんは観客が上がることができない檜舞台から、演者が登場するときなどに使われる奈落の底まで、滅多に見ることができない舞台裏を案内してくれる。ゆっくり下がっていく奈落の板に乗って、大スター気分を味わってみよう!舞台の背景に使われる舞台セットを間近で見たり、実際に照明器具や舞台装置をを触って操作するなど、この企画ならではの貴重な体験がいっぱい。

kokuritugekijyoKengaku03

「施設見学」の後は、実演家による「ワークショップ」。「組踊体験」「うちなーぐち講座」「組踊メイク講座」の中から、好きなものを選べる(先着順)。「組踊体験」では、佐辺良和さんと川満香多さんを講師に迎え、振り付けを教えてもらいながら実際に踊ってみる。手や足の動きなど意外と難しくて、大人も四苦八苦しちゃうかも。

kokuritugekijyoKengaku04

「うちなーぐち講座」では、伊良波さゆきさんと高宮城実人さんを講師に迎え、すべて沖縄方言で話す沖縄芝居のセリフを実践。普段はなかなか話す機会がない沖縄方言だけど、みんな上手に言えるかな?

kokuritugekijyoKengaku05

初登場する「組踊メイク講座」は、各回2名くらいずつの体験なので、早めの予約がおすすめ。講師は浦崎えりかさんと藤戸瑛子さん。真っ白なおしろいを塗って、口紅を塗って、鏡の中に映った自分の顔にビックリしちゃうかも。夏休みの思い出にも、学校の自由研究にもピッタリの探検ツアー。親子や友だち同士で参加してみよう!

DATA

kokuritugekijyoKengaku06

店名
国立劇場おきなわ
(こくりつげきじょうおきなわ)
問い合わせ先

098-871-3350
(国立劇場おきなわ チケットカウンター)

住所
沖縄県浦添市勢理客4-14-1
定休日
年末年始
開催日

・2014年7月27日(日)〜2014年7月30日(水)9:30〜12:30(受付9:00)
・親子向け27日(日)・28日(月)・29日(月)
・一般向け27日(日)・30日(水)

コースメニュー・
料金

・夏休み親子劇場探検ツアー&バックステージツアー 約3時間
無料(夏休み期間の組踊公演のチケット購入者のみ)

予約
要予約
〈受付期間:2014年7月1日(火)〜2014年7月22日(火)〉
駐車場
209台
Webサイト
その他

・1日80名まで(定員に達し次第締切)
・劇場チケットカウンター、または電話申込
・対象は、夏休み期間の組踊公演(「月の豊多」2014年7月26日、「女物狂」2014年8月3日、「伏山敵討」2014年8月24日)のチケット購入者(ツアーは無料)
・申込の際に、氏名・年齢・電話番号・購入した公演名・参加希望日・ワークショップの希望を伝える

地図

国立劇場おきなわ

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード