浦添市美術館

公開日 2015/06/16

日本でも珍しい漆芸専門美術館が浦添に!

miru_ucart01

国道330号から見えるうす茶色のオリエンタル風の建物、何だかわかりますか?これは、沖縄県で初めて建てられた公立美術館である浦添市美術館です。設計したのは、高円宮邸や世田谷美術館なども設計した建築家、故・内井昭蔵氏で、「塔と回廊による構造」をテーマにしています。建物の中に入って天井を見上げると、異国情緒を感じさせる素敵な雰囲気です。

miru_ucart02

平成2年に開館した浦添市美術館は、日本初の漆芸専門美術館として常設展示を行っています。16世紀から現代までの優れた琉球漆器のコレクションを中心に、日本をはじめ周辺諸国の漆芸品も収集しています。常設展示室では、毎年3期に分けてさまざまなテーマに沿った約60点の作品を展示・紹介。2015年5月16日(土)〜9月13日(日)は、「漆器の中のものがたり」と題した常設展を開催しています。漆器に描かれる文様は、花鳥図や山水図が多いそうですが、中には故事や説話をもとに描かれた漆器や、持ち主に関する歴史を読み取れる漆器もあるそう。今回は、漆器の歴史や技術の紹介とともに、そうした物語を感じさせる漆器を集めて展示しています。早速、美術館の中を見学してみましょう。ちなみに、受付では日本語と英語・中国語の音声ガイドを無料で貸し出していますので、作品の見方がわからない方も安心して楽しめますよ。

miru_ucart03

miru_ucart04

常設展示室は、5つの部屋に分かれています。まず第1室で、琉球漆器の歴史や技術について勉強。漆器の5つの技法である「沈金(ちんきん)」「螺鈿(らでん)」「箔絵(はくえ)」「堆朱(ついしゅ)」「堆錦(ついきん)」が紹介されていて、それぞれの見本を触ることができます。中でも「堆錦」は琉球漆器の代表的な技法で、漆と顔料を混ぜて塊にした堆錦餅を薄くシート状に伸ばし、さらに文様の形に切り取って張り付けます。漆は空気中の水分と結びついて硬くなる性質を持っているため、沖縄のような高温多湿の気候にぴったりの技法だそうです。

miru_ucart05

miru_ucart06

第2室と第3室には、中国の古典に描かれている故事や説話、縁起が良いといわれている吉祥文が描かれている漆器が展示されています。第4室には、廃藩置県のあった明治時代、明治維新を祝う使節団として上京した際に読まれた和歌が刻まれた漆器や、戦後、将兵たちの土産品として作られた工芸品も展示されており、沖縄の波乱万丈の歴史を漆器からもうかがい知ることができます。

miru_ucart07

最後の第5室では、実際に触ることができる漆器が紹介されています。日常生活の中ではなかなか漆器に触れる機会がない方も、ここなら思う存分漆器を見て、触って、学ぶことができますよ。漆器ができるまでの工程も丁寧に説明されていて、その工程途中が順番に並べられているので、作品ができるまで多くの時間と手間がかかっていることを実感。

miru_ucart08

ところで、漆器以外にも貴重な美術品がここ浦添市美術館に保存されていることを知っていますか?なんと!あの葛飾北斎が琉球王朝時代の沖縄を描いた浮世絵『琉球八景』を所蔵しているのです。とはいっても北斎が琉球を訪れた記録はなく、『琉球国志略』という冊封使が記した琉球に関する報告書の挿絵を見本にしたといわれているそうです。泉崎や久米など那覇の名勝8か所が描かれていますが、南国沖縄なのに雪が積もっている浮世絵もあり、なかなか興味深いですよ。『琉球八景』は毎年GW頃に一般公開されます。年ごとの公開の日程は、浦添市美術館のホームページにて、お知らせしています。貴重なこの機会もお見逃しなく!

 

DATA

26urasoeart

施設名
浦添市美術館
(ウラソエシビジュツカン)
問い合わせ先
098-879-3219
住所
沖縄県浦添市仲間1-9-2
定休日
月曜(月曜が祝日の場合は開館)
12月28日〜1月4日
※臨時休館、開館の場合あり
営業時間
9:30〜17:00(入館16:30)
※金曜は9:30〜19:00(入館18:30)
観覧料

常設展観覧料:一般150円(120円)、大学生100円(80円)
※高校生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

企画展観覧料:その都度、別に定める

駐車場
カルチャーパーク駐車場を利用
(普通乗用車914台、大型車両4台、身障者用31台)
Webサイト
支払い
現金のみ
その他
・車いすの利用可(無料)
・障害手帳の提示で入館無料
・障がい者用個室トイレあり
・ベビーカーの利用可(無料)
・おむつ交換台あり

地図

浦添市美術館

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード