運動公園メインゲート向いの碑[おもろの碑]

公開日 2013/01/01

神酒が満ちあふれる豊かな浦添よ

運動公園メインゲート向いの碑

1運動公園メインゲート向いの碑

古琉球の時代にうたわれたおもろ(神歌)を集めた歌謡集『おもろさうし』に登場する歌の一つです。浦添には酒が満ちあふれている、その豊かさに感謝して、今日は酒宴を開こうではないか、という意味になります。酒が多いのは、生産の盛んな豊かな土地だという自慢なのです、「世寄せによ」は幸福を招く人の意味で、浦添城に君臨する指導者のことを指しているのでしょう。渡嘉敷は浦添の別称です。

明るく、おおらかな気分でうたわれた浦添讃歌です。

11運動公園メインゲート向いの碑

スポット情報

おもろの碑

「おもろ」とは神にささげる歌だと考えられています。

王府は1531年から1623年にかけておもろを記録し『おもろさうし』にまとめました。 昭和・平成にかけて浦添に関わりのあるおもろの碑をゆかりある土地に建てました。

アクセス
バス番号55系統
「仲間」下車徒歩10分
バス番号21、88、90、98、112系統
「浅野浦」下車徒歩10分

地図

地図

運動公園メインゲート向いの碑

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード