浦西中学校正門前の碑[おもろの碑]

公開日 2013/01/01

浦添ぐすくの王をたたえる

おもろの碑

このおもろは、古琉球の歌謡集『おもろさうし』に登場する神歌の一つです。すぐれた按司様が浦添には居るので、太陽(神)もご満足であらせられる、との意味になります。このようなすぐれた指導者を持つ土地が浦添で、浦添の地は祝福されている、との気持ちが込められています。世の頂(つぢ)は浦添城の中にあった聖域で、転じて浦添の美称となった言葉です。

字西原・字当山からもながめることのできる浦添城は、城(グスク)であると同時に、古人が深い思いを託した聖地でもあったのです。

おもろの碑

スポット情報

おもろの碑

「おもろ」とは神にささげる歌だと考えられています。

王府は1531年から1623年にかけておもろを記録し『おもろさうし』にまとめました。 昭和・平成にかけて浦添に関わりのあるおもろの碑をゆかりある土地に建てました。

アクセス
バス番号56系統
「浦西団地入口」下車徒歩5分

地図

地図

浦西中学校正門前の碑

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード