仲西公民館の碑[おもろの碑]

公開日 2013/01/01

仲西公民館のすぐれた真人

おもろの碑

このおもろは、古い沖縄の神歌を集めた歌謡集『おもろさうし』の中に登場するもので、仲西のすぐれた真人と尊称される人物(にくげ按司)が、朝に夕に、鈴富という名の船をあやつって、干瀬(リーフ)の多い難所をたくみに航海する情景をほめたたえたものです。伊那武・自謝嘉は那覇港の北西にある干瀬(リーフ)のことだと思われます。

仲西の名が登場する数少ないおもろのひとつです。

おもろの碑

スポット情報

おもろの碑

「おもろ」とは神にささげる歌だと考えられています。

王府は1531年から1623年にかけておもろを記録し『おもろさうし』にまとめました。 昭和・平成にかけて浦添に関わりのあるおもろの碑をゆかりある土地に建てました。

アクセス
バス番号20、23、26、28、120、223系統ほか
「第一仲西」下車徒歩10分

地図

地図

仲西公民館の碑

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード