勢理客橋の碑

公開日 2013/01/01

【画像】勢理客橋

「勢理客(じっちゃく)橋の碑」を紹介します。そもそも勢理客橋なんて文化財があったっけ?と疑問に思われた方は少しだけ浦添通です。実は勢理客橋は、沖縄戦で米軍の進撃を阻むために破壊され、失われてしまった文化財なのです。しかし、小湾川(こわんがわ)にかけられた勢理客橋は那覇から北方へ至る国頭(くにがみ)街道(かいどう)筋にあり、交通往来上非常に重要な橋でした。架橋(かきょう)の年代はわかりませんが、古くから石橋で造られとても立派だったそうです。橋は劣化や大洪水などで壊れ、1679年、1691年、1744年と3度にわたり大掛かりな修築(しゅうちく)がされています。その際、顛末(てんまつ)などが記された記念碑が建てられました。それが「勢理客橋の碑」なのです。

現在、勢理客橋はコンクリート造りになっていますが、碑は復元され当時の姿を見ることができます(1691年修築時の碑)。また、橋の修築にあたっての動員数や、その賃金などを記載した解説板も設けています。

スポット情報

アクセス 【画像】地図

地図

勢理客橋の碑

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード