ミス沖縄2017の浦添城跡研修へ密着!

公開日 2017/07/13

昨今、映画「ハクソー・リッジ」でメディア等に取り上げることの多い浦添城跡周辺の歴史と文化をミス沖縄2017ともにご紹介していきます。

2017年6月28日、ミス沖縄2017スカイブルーの嘉数晴花(かかず はるか)さんとミス沖縄2017クリーングリーングレイシャスの島袋愛梨(しまぶくろ あいり)さんが、歴史研修のため浦添城跡にいらっしゃいました。実は、浦添市出身のお2人。なんと今年はミス沖縄2017に選ばれた3人ともに浦添市出身なんだそう!縁を感じますね~

スタート

左からスカイブルーの嘉数晴花(かかず はるか)さん、クリーングリーングレイシャスの島袋愛梨(しまぶくろ あいり)さん

まずは浦添グスク・ようどれ館で、琉球王国を生み出した浦添の歴史について学びました。伝説から歴史上に現れた最初の王「舜天」、太陽の子といわれた王「英祖」、伝説から抜け出した実在の王「察度」、NHK大河ドラマ「琉球の風」に登場した国王「尚寧」のお話でした。説明役はNPO法人うらおそい歴史ガイド友の会事務局長の玉那覇さんです。戦地だった浦添グスク・ようどれ出土の戦争遺物の説明もありました。

ようどれ館①

戦争遺物

浦添ようどれは、13世紀に造営された墓で、向かって右の西室が英祖王陵と伝えられているそうです。1620年に改修され、向かって左の東室に尚寧王とその一族が葬られています。岩陰をうまく利用した造りで、墓の中の石厨子は県の文化財に指定されています。「ようどれ」とは、沖縄の古い言葉で「夕凪」または、「朝凪」を意味しており、その静穏なイメージから「墓」の意味に用いられたとのこと。

ようどれ

ようどれの入口で一礼。

一礼①一礼②

展望台では、浦添城跡一帯の丘陵は沖縄戦当時「前田高地」と呼ばれ、日米両軍の激戦が繰り広げられたことを教えていただきました。平和の大切さを学びました。

暑い①

第89回アカデミー賞で録音賞と編集賞を受賞した映画「ハクソー・リッジ」は、この前田高地が舞台になっています。2016年米国で公開され、日本では2017年6月24日に公開されました。この公開に合わせて『映画「ハクソー・リッジ」の舞台となった浦添城跡前田高地を巡るツアー』が8月末まで毎週土曜・日曜に実施されています。

映画「ハクソー・リッジ」の舞台となった浦添城跡前田高地を巡るツアーについてはこちらから

 

ここから琉球神話聖地の島である久高島が見えるんです~。知らなかった!冬至の日には久高島から太陽が昇るそうです。計算しつくされてこの場所に浦添グスクができたということを知り、歴史の奥深さを学びました。

久高島

当日はとても暑い日でした。暑い中、丁寧に説明をしていただきました。

暑い②

でも、この強い日差しに負けず笑顔の絶えないお2人に癒されました。見習わねば・・・笑

さわやか①さわやか②

首里城につながる石畳道。浦添出身の尚寧王が、1597年、尚寧王の命によって浦添グスクから首里までの「尚寧王の道」が改修されたそうです。毎年11月3日(文化の日)に実施するうらおそい歴史ガイド友の会の恒例イベント「尚寧王の道を尋ねて」のスタート地点でもあります。

首里城への道

最後に研修を終えての感想を一言いただきました。

休憩

嘉数さん

「小学生のとき、校舎から浦添ようどれが見えていたり、遠足で当山の石畳を歩いたり、浦添グスクは馴染み深い場所だったんですが、こうやって詳しくマンツーマンで教えていただくことはありませんでした。今日は、浦添城跡の歴史・文化のお話しだけでなく、映画「ハクソー・リッジ」にでてきた戦時中の話も聞けて、とても勉強になりました。浦添グスクや浦添ようどれの復元のために多くの方がご尽力されたと聞き、世界に誇れる浦添城跡なのだと思いました。だから、もっともっとみんなに訪れて欲しいです。今日も、外国の方の姿もみられましたが、本当にうれしいです。」

島袋さん

「琉球王国の発祥が浦添だとは学んでいましたが、お話を聞いて改めて世界に誇れるものだと感じました。浦添市出身者として、誇らしい気持ちです。まだ発掘中の箇所もあるとお聞きしましたが、これからどういう事実が明らかになっていくのかとても楽しみです。それが世界中の方々に広がっていけばいいなと思います。映画「ハクソー・リッジ」の舞台がここ前田高地で、戦時中最激戦地だったとのことですが、今のこの平和な景色からはまったく想像がつきません。この緑あふれる広場が、当時は焼け野原で黒と茶色の色しかなかったと思うとそのギャップの大きさに驚かされます。いまの平和な世の中のありがたさを改めて気づかされました。」

暑い中お疲れ様でした。

 

DATA

うらおそい歴史ガイド友の会「浦添グスクと浦添ようどれめぐり」

料金
約1時間・ガイド1人あたり1,500円
約2時間・ガイド1人あたり3,000円
申込み・
お問い合わせ
「浦添グスク・ようどれ館」
098-874-9345(FAX兼用)
9時〜17時(月曜日は休館日)
Webサイト

地図

浦添グスク・ようどれ館

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード