冬の沖縄の楽しみ方 アーサ採り

公開日 2018/02/09

アーサの採れる季節になりました。

アーサとは、沖縄の岩場に生える緑色の海藻のことで、一般的には「あおさ」と呼ばれています。アーサ採りは1月中旬から始まり、2月にピークを迎え、3月まで採ることができます。浦添市では天然のアーサが採れると聞き、港川自治会の銘苅会長の案内でアーサ採り体験をさせていただきました。

港川アーサ採り

港川アーサ採り

アーサが採れるのは、浦添市西海岸域にある、カーミージー(沖縄の方言で「カーミ」は亀、「シー」は岩礁を意味する。)と呼ばれる亀の形をした大きな岩のある場所周辺です。2018年1月24日(水)いよいよアーサ採りの日!この日の干潮が18:00なので、その3時間前の15:00過ぎに、港川自治会の銘苅会長の先導で海に入りました。アーサが密集している岩場は岸から100メートルくらいのところにあります。

港川アーサ採り

沖合いへ行く途中、「臨港道路浦添線」がバッチリ見渡せました。「臨港道路浦添線」は、2018年3月18日(日)に開通する浦添市西洲と宜野湾市宇地泊を結ぶ沖縄西海岸道路の一部で、周辺道路の渋滞緩和や那覇空港へのアクセス性向上による観光振興に貢献する「夢のかけはし」と呼ばれている道路です。開通に先立って2018年3月11日(日)には開通イベントも予定されています。

港川アーサ採り

まだまだピークではありませんが、沖の岩場のアーサはこの通りです。

港川アーサ採り

ゆらゆらしている分だけ手で軽くすくうとこの通りです。とてもやわらかく緑も濃いです。

港川アーサ採り

カーミージーには他にもたくさんの生き物が生息しています。歩いていると海のお友達にも会えました!笑

アーサ汁

収穫後は、港川自治会に戻り、婦人会の皆様にアーサ汁を作っていただきました。乾燥物と比べると香りが豊かです。

かき揚げお弁当

こちらはアーサかき揚げです。緑色が鮮やかです。磯の香りがしてとても美味しかったです。

地元の方々は、自然の恵みを分かち合って暮らしてきたそうです。観光客の皆様にもアーサ採りから味わってもらいたいです。

地図

カーミージー付近

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード