浦添ようどれで尚家清明祭が執り行われました

公開日 2019/04/09

浦添ようどれで行われた尚家の清明祭の様子をご紹介!

 

うらそえナビをご覧のみなさん、こんにちは!

沖縄では連日暑い日が続き、いよいよ夏が近づいてきましたね~。

 

さて、この時期といえば!

沖縄県民のみなさん、シーミーは行いましたか??

沖縄県外のみなさん、シーミーはご存知でしょうか??

 

4月5日(土)、浦添ようどれで尚家の清明祭(シーミー)が行われ、浦添市観光協会の職員も参加してきました。

 

清明祭とは、沖縄でシーミーと呼ばれているお墓参り行事のことです。

二十四節季の中の第五節季である「清明(せいめい)」の時期に行われる行事で、毎年時期は異なりますが、新暦であれば4月~5月前半頃になります。

 

シーミーは年中行事の中でも比較的大きくて、沖縄県民にとっては重要な行事の一つです。

毎年この時期になると親戚が集まり、お墓の前で重箱料理を広げてわいわいと先祖を供養するというものです。

 

 

今年は、第二尚氏の第23代当主である尚衛(まもる)さんをはじめとした尚家親族や関係者らが多く集まり、浦添ようどれでも先祖供養を行いました。

 

IMG_0791

 

IMG_0797

 

IMG_0792

 

IMG_0793

 

IMG_0794

 

IMG_0795

 

IMG_0796

 

 

浦添ようどれは、浦添城跡の北崖中腹にある琉球王朝初期の墓です。

向かって右側が英祖(えいそ)王陵、左側が尚寧(しょうねい)王陵と言われています。

 

琉球の歴史を語るには欠かせない場所ですので、浦添市にお越しの際にはぜひお立ち寄りください~。

 

【浦添ようどれの詳細はこちらからcheck!】

浦添ようどれ【国指定史跡】

 

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード