ヒロシ屋

公開日 2014/10/22

華麗なるパン屋一族の秘伝の味をご賞味あれ

ヒロシ屋
今年で創業26年目を迎える、知る人ぞ知るパンの名店。菓子パン、総菜パンを中心に、全78種類の幅広いラインナップをそろえる。おいしさの秘けつは、たっぷりの愛情と、オリジナルブレンドの小麦粉&特製バター。店主夫人の沼野明美さんによると、これは「祖母から引き継いだ門外不出のレシピ」なんだそうだ。

ヒロシ屋
「私たちは兄弟親戚11家族がパン屋なんです。もともとは戦後間もない時期に祖母が営業を始め、その後に子どもらが次々独立してお店を開きました。だから旧盆などの行事で集まっても、いつもパンの話ばかりなんです(笑)」。味の特徴は店ごとに少しずつ異なるが、門外不出の小麦粉と特製バターだけは全店共通だ。

ヒロシ屋
ヒロシ屋は明美さんのお父さんが始めたお店だ。読者の皆さんの想像通り、お父さんの名前は「ヒロシ」さん…「家族みんなでどんな店名にするか相談していたら、父親が勝手に看板を作ってきてしまって。本当は私の妹のお店(浦添市前田にあるベーカリー ソレイユ)みたいに、オシャレな名前を付けたかったのに」。そして現在は明美さんのご主人が「ヒロシ」さんの後を継ぎ、夫婦で店を切り盛りしている。

ヒロシ屋
「祖母や父の味を極力変えないように、心がけています」と明美さんはいう。「おじぃ、おばぁが若い頃は、菓子パンなんてなかなか口にできない、とても贅沢なものだったでしょう?だから今でもその名残で具をたっぷり入れてるの。ほら、これ持ってみて」と渡されたあんぱんは、重さがずっしり。これで130円とは、私たちにとってはうれしい限りだ。

ヒロシ屋のパン
他にも左手前から時計回りに、「ミニクロワッサン(40円)」、「ナポリトースト(120円)」、「チョコクロワッサン(120円)」、「エビチリバーガー(190円)」など、リーズナブルなパンがずらりと並ぶ。「学生さんやお年寄りのお客さんも多いから、彼らが気軽に買って帰れるように、私たちも頑張ってるの」。取材中、訪れる客層を眺めていると、文字通りに「老若男女に愛されているんだなあ」と実感する。次にヒロシ屋のファンになるのは、アナタの番です。

DATA

taberu_hiroshiya06

店名
焼き立てパンの店
ヒロシ屋
(ヒロシヤ)
問い合わせ先
098-879-2665
住所
沖縄県浦添市内間1-10-16
営業時間
14:00〜20:00
定休日
日曜
駐車場
なし
支払い
・クレジットカード:不可
・電子マネー:不可

地図

ヒロシ屋

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード