ジーマーミ豆腐広め隊隊長

公開日 2013/11/13

トミちゃんのジーマーミ豆腐を県産品に!

永井達也さん

もともとはジーマーミ豆腐がなんなのかすらよく知らなかったという永井さん。お母さん(トミちゃん)が趣味で作っていたジーマーミ豆腐があまりに評判が良く、“いったいジーマーミ豆腐”って何だろうと調べだしたのがすべての始まりだった。ピーナッツから出来た豆腐であるジーマーミ豆腐は、琉球王朝の古から存在し、宮廷の中でのみ食べられていたという特別なスイーツだったという。

 

トミ家工房

そんな食材が沖縄県産品としての位置づけがないどころか、意外に知られていないことにショックを受け、ジーマーミ豆腐を沖縄の県産品として広めるべく、周囲の反対を押し切って、それまで勤めていた会社を辞めて起業したのである。「いろいろ食べてみたけど、母が作ったモノが断然美味しかったんです」と、大変なのを承知の上で昔ながらの手作りで“もちもち、ぷるんぷるん”の食感が楽しめる「トミちゃんのジーマーミ豆腐」を開発し世の中に知らしめた。

 

トミ家工房

今後は沖縄の県産品にこだわり、いずれは自分で落花生畑も作って、原料まで自社生産にしたいとのこと。これがうまく行けば、福祉を兼ねて仕事場を提供することが出来るし、コストも抑えられる。現在は輸入品を使っているが、落花生も自社生産とすることで、本当の意味で沖縄県産品にしたいと日々考えている。

永井達也さん

お名前
永井達也さん
お仕事
「手作りの店 トミ家工房」代表
出没スポット
手造りの店 トミ家工房(テヅクリノミセ トミヤコウボウ)
出身地
沖縄県那覇市
情報
ジーマーミ豆腐を沖縄県産品とすべく、
日々精進している

 

関連記事

関連ワード

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る