2016年新てだこレディです!浦添市の親善大使としてがんばります!

公開日 2016/08/24

01_8350_2
名前

2016年度 てだこレディ (左から)
ホワイトリリー:喜屋武由梨/ゴールデンカップ:池宮愛華/サンフラワー:渡辺可南子

お仕事
浦添市の魅力をPRする浦添市の親善大使
出没スポット
浦添市、および沖縄県内外での各種イベントなど
出身地
喜屋武由梨:沖縄県浦添市/池宮愛華:沖縄県浦添市/渡辺可南子:沖縄県那覇市
情報
(好きなお酒)
喜屋武由梨:なんでも/池宮愛華:焼酎/渡辺可南子:ワイン

※本記事内容は2016年8月取材時のものです。

活動2回目にしてチームワーク抜群!
しっかり派の2016年てだこレディをご紹介

02_6707
みなさん、1年経つのって早いですね。ついこのあいだインタビューしたと思っていた2015年のてだこレディたちに代わり、7月の「第39回 浦添てだこまつり」にて2016年のてだこレディがデビューしました。浦添市の魅力を県内外でアピールする親善大使のてだこレディは、今年で39代目。新てだこレディがどんな女性なのか、みなさんも気になりますよね? はい、2年連続で突撃取材をした私におまかせください。

03_8400


まずは応募のきっかけから聞いてみました。おっとその前にてだこレディの大事なプチ情報です。実は3人のレディたち、それぞれ花の名前があり、そのイメージに合った人が選ばれます。清楚で上品な百合「ホワイトリリー」に選ばれたのが喜屋武由梨さん(29歳)。昨年のスワローズキャンプのときに、来客および報道関係者の受付をしていて、前年のてだこレディを見て「いいな」と思って応募してみたとか。

04_8397


次に浦添市の市花でもあるオオバナアリアケカズラにちなんだ「ゴールデンカップ」に選ばれたのは池宮愛華さん(31歳)。モデルをしていたこともある愛華さんは、元てだこレディの知り合いもいて、話を聞いていたことに加え、妹さんからも勧められたのが後押しになりました。

05_8401


最後は明るいひまわりのような「サンフラワー」に選ばれた渡辺可南子さん(33歳)。那覇在住で職場が浦添市の彼女は、那覇市のキャンペーンレディの経験もあります。浦添市役所でポスターを見てぜひ浦添でも!とチャレンジしたそう。ん?今年のレディたちは年齢が接近していますね。そのせいもあってか、終始落ち着いた物腰と受け答えでインタビューもスムーズです!

06_8297
てだこレディオーディションの最終面接では、毎年1分間の自分PRがあるんだそうです。バスガイドの経験もあり、話すのが得意だった由梨さんはみなの前で堂々としっかり話し、愛華さんは得意のモデルウォーキングを往復で披露。こちらもバスガイドの経験がある可南子さんは、方言であいさつして沖縄民謡の牧港の歌を歌ったのだとか。

07_8248


愛華さん曰く、「由梨さんはおしとやかで凛としていたし、可南子さんは、浦添少年少女合唱団に9歳から18歳まで所属していた私よりも、ずっと歌がうまくて驚きました。はっきりいってこの二人以外は印象に残っていなかったです」。うんうん、由梨さんと可南子さんにモデル歩きの愛華さんを加え、3人ともなるべくしてなったレディたちなんですね。3人中2人がバスガイド経験ありっていうのもすごいですよね。

08_8233


実はてだこまつりでの初仕事を終えて、3人は今回のインタビューが2回目の顔合わせだったのですが、てだこまつりで3日間びっちりいっしょにいたのでもう旧知の仲のような親密さ。さきほどは愛華さんに由梨さんと可南子さんの印象を聞いたので、他の二人にもそれぞれの印象を聞いてみました。由梨さんからはなんと、スポーツチームの例え。「姿勢やウォーキングが完璧な愛華さんがエースで、経験値のある可南子さんがキャプテン、私はマネージャーって感じです」。

09_8257


可南子さんはいかがでしょう。「由梨さんはおっとりしているようで、お酒がすごく強い。愛華さんはいっけん天然かな?と見えて、一番しっかりしています」。そして私から3人を見たら、一番つっこみたくなるすてきなボケキャラが可南子さんであることを、そっと付け加えておきます。

10_8346


これから1年間、各地で浦添をPRしていく3人に浦添のおすすめポイントも聞きましたよ。由梨さんのおすすめはずばり「浦添ようどれ」。「ようどれ館も見ごたえのある内容で、これで入館料100円というのはお得だと思います」。愛華さんは実は大の工場見学好き。「無料で見学できる沖縄明治乳業とか、今は工事で休止していますが、沖縄コカ・コーラなどの見学も楽しいですよ」。可南子さんは国道58号沿いのショップやショッピングモールをはしごするのが好きなんだそうです。「ぐるっと一回りしたら、ブルーシールでランチというのが定番です」。

11_8367_2
さて毎年デザインが変わるユニフォームですが、今年は必ず入るうらそえ織の色味をはっきり出し、ブルーのラインで海をイメージし、すそがフリルになっています。「今までで一番かわいいと思っています」という愛華さん。そう、レディになったみなさん、ご自分のときに必ずそう思うんですよ(心の声)。これ、歴代の39バージョンの衣装をずらっと並べたら壮観でしょうねー。(妄想)

12_6822
と、話がそれてしまいましたが、最後に3人から今年の抱負をひと言! 「出会いを大事にしながら1年間がんばっていきたいです。それから、うらそえ仮面の正体をあばきたいです(笑)」(由梨さん)。「浦添市の子どもたちの活躍に、なんらかの形で貢献できればと思っています」(愛華さん)。「一人でも多くの観光のかたや地元のかたに浦添の芸能や文化にふれてもらえれば」(可南子さん)と意欲満々。今年も浦添市内はもとより沖縄県内・県外で、さまざまな機会に浦添市のPRを行っていきますので、てだこレディを見かけたら、みなさんぜひ、声をかけてみてくださいね。

 

関連ワード

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る