組踊について学ぼう!

公開日 2014/08/29

tokusyu_8kokuritugekijyobn

士族によって創作された「組踊」

「組踊(くみおどり)」とは、台詞と音楽、所作、舞踊によって構成される沖縄独特の歌舞劇です。その始まりは18世紀の琉球王国時代にさかのぼり、中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)を歓迎するために王府が行う宴の芸能「御冠船踊(おかんせんおどり)」の演目のひとつとして上演されました。王府には御冠船踊を担当する「踊奉行」が設置され、そこで数多くの三線音楽や舞踊、組踊が仕立てられました。

tokusyu_8kokuritugekijyo101

組踊の創始者は、1718年に踊奉行に任命された王府の役人・玉城朝薫(タマグスクチョウクン 1684年~1734年)で、組踊は、1719年の尚敬王の冊封式典の際に「二童敵打」と「執心鐘入」が初演されました。朝薫は、公務で薩摩や江戸に7回出かけていて、そこで能や狂言、歌舞伎などの大和芸能を鑑賞。琉球国内では中国戯曲を鑑賞するなどし、芸能への造詣を深めていました。そして、琉球古来の芸能や故事を基礎に、大和芸能や中国戯曲にヒントを得て組踊を創作しました。組踊の担い手は王府に勤務する士族とその子弟で、すべて男性でした。

 

tokusyu_8kokuritugekijyo102

組踊のテーマは、儒教道徳の「忠」「孝」や王府に強く関わることがほとんどで、冊封使に好評でした。御冠芸能の充実が図られていくうちに、次第に組踊は地方の村踊りの舞台にも登場するようになります。そして1800年代には、士族により創作された組踊が地方で上演されるなどして、沖縄全土に広がっていきました。

 

tokusyu_8kokuritugekijyo103

朝薫が創作した「二童敵打」「執心鐘入」「銘苅子」「女物狂」「孝行之巻」は「朝薫の五番」と呼ばれ、現在でも人気のある完成度の高い作品です。朝薫をはじめ、その後の踊奉行たちによって創作された組踊は、現在約70の作品が確認されており、また新作組踊も発表されています。沖縄が日本に復帰した1972年5月には、優れた伝統芸能として「雅楽」「能楽」「文楽」「歌舞伎」と並ぶ国の重要無形文化財に指定されました。さらに2010年11月には、ユネスコの無形文化遺産保護条約に基づく「人類の無形文化遺産の代表的な一覧」に記載されました。琉球王国時代に生まれた組踊は、今では県外や海外でも上演され、世界中の人々を魅了しています。

 

 

 記事トップへ › 組踊について学ぼう!  国立劇場おきなわへ出かけよう! › バックステージツアー&夏休み親子劇場探検ツアー

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード