「ワカリジー」をライトアップします!!

公開日 2022/10/28

「ワカリジー」をライトアップします!!

来る11月3日(木)~11月5日(土)の午後6時~10時の間、浦添八景の1つであるワカリジーをライトアップします。
沖縄県の令和4年度沖縄らしい風景づくりに係る人材育成事業として、前田地区では前田自治会、前田OB会・青年会が主催となり、コロナ退散・医療従事者への敬意・浦添市の発展・前田地域の繁栄・安泰の願いを込めてワカリジーのライトアップを実施することになりました。ライトアップは市内で最も標高が高い(約148メートル)浦添城址のワカリジーで行われるので市内各所からご覧いただけます。
注)天候不良により中止する事もあります。

キャプチャ

上記は試験点灯時の様子です。

ワカリジーとは?
ワカリジーは浦添城址の東端に屹立する岩で、頂上の標高は約148メートルと市内で最も高い場所となっています。1713(正徳3)年に成立した地誌『琉球国由来記』には浦添城跡内の御嶽に関する記述があり、その中の「小城嶽」がワカリジーにあたると考えられています。「為朝岩」とも呼ばれますが、これは近代になって付けられた呼称と言われています。ワカリジーは英祖王と女神職のウシキンベーとの間に生まれたイソノシー(伊祖の子)を祀った場所とされ、主に前田集落から信仰され、首里や那覇からも参拝者が訪れたといいます。沖縄戦では米軍から「ニードルロック(針のような岩)」と呼ばれ、日米両軍の間で争奪戦が繰り広げられました。近年では崩落を防ぐため修復が行われ、周辺も整備されつつあります。「浦添八景」の一つにも選ばれています。(沖縄文化観光ポータルサイトより)

 

日時 2022年11月3日(木)~ 5日(土)
18:00~22:00
場所 ワカリジー(標高148m)のライトアップ 
*)市内各所からご覧になれます。
注意事項 ・天候不良により中止する事もあります。

 

地図

ワカリジー・為朝岩(ニードルロック)

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る