浦添ローカルなエイサー祭「文武祭」を主催

公開日 2014/10/24

浦西青年会 会長 田名さん
名前
田名泰邦さん
お仕事
浦西青年会 会長
(本職は生徒指導サポーター)
出没スポット
浦西公民館(うらにしこうみんかん)毎年6月から9月の間は、平日の20時から21時半まで、毎晩練習しています。
出身地
沖縄県浦添市浦西
情報
趣味は貝殻拾い、星を数えること…(本当はみんなと楽しくお酒を飲むこと!)
フィード情報

エイサーで地域団結。着実に歴史を刻む 

浦西青年会 会長
浦添の中でもよりローカル色の濃いエイサー祭として知られる文武祭は、浦西中学校区の3青年会が主催して2011年から始めたものだ。主催団体の一つである浦西青年会は、1987年結成。「エイサーを通じて地域を盛り上げよう」と意気込む現会長の田名泰邦さんの下、10代、20代のメンバー約50名が集まり、精力的に活動を続ける。

浦西青年会
浦西青年会
田名さんは、浦西のエイサーの特徴について、「大太鼓、締太鼓の力強いバチさばきと、女性の優雅な手踊りをうまく組み合わせていることです」と話す。ルーツをたどれば、ダイナミックな男エイサーで有名な沖縄市の山里青年会の型に行き着く。結成後間もない頃から山里青年会の指導を仰ぎ、独自のアレンジを加えながら、現在の浦西の型が完成したという。

浦西青年会
浦西青年会
浦西青年会

エイサーの活動期間は旧盆を挟んだ約3カ月間。地域住民や交流のある青年会(北は名護市為又青年会から南は八重瀬町ぐしちゃん青年会など)を招いてヒージャー(ヤギ)汁を振る舞う6月の「初興し」に始まり、てだこまつり、浦西団地夏祭り、旧盆の道ジュネーなどの行事に参加して、9月中旬の文武祭が活動納めとなる。最近では夏シーズン以外の出演依頼も多く、「県内外のイベントや学校行事、祝い事などに呼ばれる機会が増え、ほぼ毎週のように予定が入っています」と大忙しの状態だ。

浦西青年会
浦西青年会 会長 田名さん
「生まれも育ちも浦西です!」という生粋の浦西んちゅである田名さんは、高校時代から青年会に参加。現在も大太鼓としてエイサーの演舞に加わる。会長には2010年に就任した。一人の踊り手だった頃と比べると、地域や他団体との連絡調整、先輩との意見交換、後輩の指導など、青年会活動にかける労力も責任も一気に増大した。でもそれが「逆に大きなやりがいになっています」としみじみと語る。

浦西青年会
浦西青年会
田名さんはあと一年で、会長職をバトンタッチする予定だ。「今度は次の世代が主役になって、地域を引っ張っていってほしい」と後輩に将来を託す。思いは早くも20年先へと先走り、「お祭りの会場でブルーシートを広げ、先輩方と一緒にお酒を飲みながら、浦西のエイサーを見守りたいですね」とにっこり。浦西の住宅街に三線とバチの音色がこだまする中、穏やかな表情で後輩の演舞を見つめる。

地図

浦西公民館

関連ワード

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る