2014年度 新てだこレディとわいわいト〜ク

公開日 2014/08/27

tokusyu_tedakoladybn

沖縄県内外に浦添市の魅力をアピールするために、毎年選出される「てだこレディ」。その歴史は意外に長く、初代てだこレディが選出されたのが1978年の第1回「浦添 てだこまつり」の年。なんと今年で37代目になるんです。真っ白で清楚なユリをイメージした「ホワイトリリー」、浦添市の市花 オオバナアリアケカズラにちなんだ「ゴールデンカップ」、そして太陽の明るさを受けるひまわりのような「サンフラワー」と、それぞれの魅力を放つ3人が、その年のてだこまつりで正式デビューを飾ります。
tokusyu_tedakolady01

7月18日(金)〜7月20日(日)の日程で開催された2014年浦添てだこまつりで華々しく登場したのは、この3人。(左から)ホワイトリリーの友寄由希乃さん、ゴールデンカップの外間理奈さん、サンフラワーのザハルスキさやかさんです。遠くからその輝く笑顔を眺めているだけじゃ、やっぱり物足りなーいっ。ということで、うらそえナビでは3人の素顔にせまるべく、あーんなお話やこーんなお話を聞いてきました。


新レディは三人三様!?

tokusyu_tedakolady02

ーまず、それぞれのご職業と年齢など、簡単な自己紹介をお願いします。

 

由希乃さん: 浦添市役所の職員をしています。25歳です。普段の仕事をやりながら、依頼が来たらてだこレディとしての公務に就くという感じです。

 

ーそれじゃ、市役所に行ったら会えるんですね! 理奈さん、さやかさんは?

 

理奈さん: 沖縄国際大学の英米学科4年次、22歳です。

 

さやかさん: 私、32歳なんですよ(笑)

(取材陣、「マヂで!? いやいやいや」とざわつく)

 

さやかさん: 本当に!! (笑)仕事は保険のアドバイザーです。

tokusyu_tedakolady03
サンフラワー ザハルスキさやかさん

 

ーてだこレディの仕事がある時はどうしているのですか?

 

さやかさん: 浦添市の方でも休まないですむよう調整してくれていますが、休まないといけない時もあります。事前に会社の了承を得て応募しているので、やむを得ない場合は、上司も理解を示してくれています。

 

ーみなさんが、てだこレディに応募したきっかけを教えてください。

 

由希乃さん: お姉ちゃんが2004年のてだこレディで、お兄ちゃんのお嫁さんの姉妹も全員てだこレディ。周りにてだこレディが多いんですよ。私は人前にでるのが苦手なので、断っていたのですが、いい経験になったからやってみたら?と後押しされて。

 

理奈さん: 友人からの推薦です。彼女が那覇市の観光大使をしているんですね。それで浦添市にも(ミス公募が)あればやってみたら? という声がけから興味をもちました。彼女が観光大使の仕事を通して変わっていき、どんどん成長しているのを見ていたら、(自分も)挑戦してみたいと思うようになって。

 

さやかさん: 知り合いからの推薦です。最初は30歳も過ぎてるし興味もなかったし、対象外だと思っていたんですね。そうしたら推薦者から、年齢とかは関係なく、浦添市が好きなら大丈夫だよ、と教えてもらって。

 

 

てだこレディになるってどんな感じ?

tokusyu_tedakolady04
ホワイトリリー 友寄由希乃さん

 

ーそれぞれ、実際にてだこレディになってみてどうですか?

 

由希乃さん:お姉ちゃんが公務についているのを間近で見ているので、イメージはしやすくて、何やら練習してたの覚えています(笑)。ただ、実際にやってみると全然違うな~と。特に(てだこレディの)制服に袖を通したときに、責任の重さを実感しました。

 

ーちょうど仮面ライダーが変身するような感じで、スイッチが入るんですね。

 

一同: 爆笑

 

由希乃さん: でも、本当にあがり症で。5人以上人がいると、しゃべれなくなるんです。緊張すると声が震えてしまうのが嫌で。

 

さやかさん 理奈さん: (声をそろえて)そうなんですよ〜!!!

 

さやかさん: てだこレディの交代式がてだこまつりであって。何万人もの人の前で、私たちがスピーチするのが初めての仕事だったんですよ。前に立っていた由紀乃さんが振り返ったときの顔がとってもこわばってて!! こっちが心配になるくらい、いつもと違ってました。

 

理奈さん: そうそう。私も大丈夫?とドキドキしましたよ(笑)。

 

さやかさん: こういう場では、常に由希乃さんがトップバッター。余計に緊張すると思います。ただ、スピーチも事前に三人で相談して内容を決めているので、もし誰かが言い忘れたりした時はフォローしたり。

 

理奈さん: そういう意味では、由希乃さんのフォローと私のフォローで、最後のさやかさんは、本当に頼れるお姉さん的存在です。

 

tokusyu_tedakolady05
ゴールデンカップ 外間理奈さん

 

ーチームワークも抜群! 補い合っているんですね。てだこレディになってみてよかったことは?

 

理奈さん: てだこまつりに来た叔母さんから、「理奈がてだこレディになったことをきっかけに親戚一同が明るくなったよ。こんな姿を見せてくれてありがとう」と言われました。
 

ー親戚の方が晴れ姿を見に来てくれたんですね。


理奈さん: そうなんですよ。来てくれてありがとうと思っていたのに、叔母さんから逆に「ありがとう」って言われて。てだこレディになったことをこんなに喜んでもらえて、本当によかったなと思いました。

 

由希乃さん: 私はキャラじゃないとか茶化されたりはしますが(笑)、応援の声ばかり。話題も、友達も増えました。 学生時代、しゃべったことのない同級生からfacebookを通して「おめでとう」ってコメントが届いたり。

 

ーきっと周りにとっても、喜ばしいことなのでしょうね。それくらいみなさんの存在は輝かしいものだと思うのですが、立ち居振る舞いとかって、長期間の指導があったりするんですか?

 

さやかさん: 講習は3日間あるんですが、このインストラクターの方がすごい方なんですよ。ウォーキング、表情、手のふり方など、集中的にレクチャーを受けます。それで、みなさんの前に出るのですが、やっぱり浦添市の代表としての立場なので、言葉使いや姿勢など、自然と気をつけるようになりますね。そういう緊張からか、体のあちこちが痛くて(笑)。この頃はお気に入りの整体に通ってたりもします。

tokusyu_tedakolady06
ー見られている意識もあるし、笑顔や姿勢を保ったり、何かと緊張しますよね。

 

さやかさん: そうなんです〜。でもそれ以上に、私自身、浦添市が観光客にとってピンと来るものがない、素通りされてしまう場所だとイメージしていたんです。てだこレディになって浦添市のことを調べていくと、重要な史跡や思いがけない特産物があったり。今まで身近にありすぎて、あたり前だと思っていたものの中にも、浦添らしさがあることに気づきました。地元の良さを再認識できたのは収穫です。

 

理奈さん: 分かりますー。私も今年はてだこレディに就職活動にと、いろんなチャレンジの年。自分史の中でも、今年は濃い1年になると思います!

 

ーところで、3人はてだこレディになるまで、つながりはなかったんですよね?

 

全員: そうですね。

 

tokusyu_tedakolady07

ーでは、厳しい集中トレーニングを通して団結していったという感じですか?

 

全員: 最初から、こんな感じだよね~~。

 

理奈さん:面接のとき、由希乃さんと番号が隣同士で話をしてて。同じ浦添なのに、地元が近いこともその時に知ったくらいですよ。それまではつながりはありませんでした。でも、初対面から堅苦しくない雰囲気で、自然と仲良くなれましたね。裏表なく接することができたので、最初から溶け込みやすかったです。

 

オススメスポットも教えて♪

tokusyu_tedakolady08

ーこれから来年7月まで公私ともに、頑張ってみたいことはありますか?

 

さやかさん: 今は浦添市が推している国際教育、ハンドボール、福祉に携わっており、全部、好きなんですよ。だから何でもアピールしたいし、オールマイティに体当たりで取り組みたいです。個人的には女性磨き。もともと体育会系なので(周りには)「オトコ」と思われているんですね。てだこレディ期間中に女子力をあげたいです。そしてアンチエイジング。(理奈さんのところを向いて)理奈ちゃんが生まれたとき、小学校4年生だったんだから〜!二人の妹から刺激を受けてます!

 

ー由希乃さんは?

 

由希乃さん:この1年であがり症を直すことです。この前のてだこまつりで(スピーチで声が震えず)意外と大丈夫だったので、よっしゃ、いけるぞ!って。とりあえず緊張したら、笑顔で乗りきろう。やればできる、と思い込んで頑張ります。

 

ー何気に男気キャラなんですね!端正なお顔立ちとのギャップがステキ!! 理奈さんは?

 

理奈さん:学生生活も最後ですし、盛りだくさんの1年になるはず。学生としても楽しみながら、就職活動もてだこレディとしての仕事もスタートするので、すべてを全力で頑張りながら、自分自身を磨きたいです。とにかく駆け抜ける1年にしたいです、午(うま)年だけに!

 

さやかさん: 理奈ちゃんは何年?

 

理奈さん: 申年

tokusyu_tedakolady09


ーでは、さるが馬に乗って駆け抜けるイメージ、ということで!よい抱負、いただきました!! 最後にみなさんの浦添のフェイバリットスポットは?

 

さやかさん: 国立劇場おきなわです。琉舞を習っていることもあり、組踊にハマってます!

 

由希乃さん: 港川の外人住宅街のお店めぐりです。よく行きますよ。

 

理奈さん: 浦添城跡からの市内の景色! すっごい落ち着きます。てだこレディのエントリーシートの写真もそこで撮影しに行ったくらい。いつもパワーをもらっています。

tokusyu_tedakolady10

そんなこんなで、楽しいインタビューはあっという間に終了。柔らかな中に、前向きなパワーあふれる新てだこレディの3人は、外見はもちろんですが、内側から輝くオーラがあるなぁと思ったのでした。ラストに3人からみなさまへ、てぃーだ(太陽)パワーも発信〜♪ これから、イベントや式典はじめ、さまざまな場所でさまざまな活躍をしてくれるレディたち。沖縄県内はもとより、あなたの町にも浦添市の魅力をお届けします!

 

取材協力:浦添市美術館 喫茶 花うるし
http://www.urasoenavi.jp/jisshoku/2013031500058/

 

平成26年度 てだこレディ プロフィール

tokusyu_tedakolady11

 

名前
ホワイトリリー 友寄由希乃さん
お仕事
浦添市職員
年齢
25歳
趣味
料理、バイク、スポーツ
特技
書道、絵画
メッセージ
めんそ〜れ! 私のオススメは何と言っても地場産品の絹織物のうらそえ織や体にいい桑茶です。 うらそえ織が織り込まれた名刺入れや、ウェア、ほんのり桑の風味がかおる桑茶など、お試し下さい♪♪

 

 

tokusyu_tedakolady12

 

名前
ゴールデンカップ 外間理奈さん
お仕事
沖縄国際大学の英米学科4年次
年齢
22歳
趣味
ショッピング、ドライブ
特技
ダンス
メッセージ
Welcome to URASOE city! 浦添市は、国際交流の場を盛り上げているのをみんなご存知ですか? JICA沖縄国際センターでは外国人の方々との交流や異文化を体験する事が出来ますよ!!

 

 

tokusyu_tedakolady13

 

名前
サンフラワー ザハルスキさやかさん
お仕事
保険アドバイザー
年齢
32歳
趣味
ハンドボール、琉舞、アウトドア
特技
友達作り、英語、楽しむこと
メッセージ
ようこそ、浦添へ! 浦添は、バラエティに富んだ見どころ満載の市ですが、私が特にお勧めしたいのは国立劇場で観る組踊(くみおどり)や琉球舞踊や鼓衆若太陽(ちぢんしゅう わかてぃーだ)などの太鼓の演舞!心踊りますよ♪

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る