うらそえスイーツラインで気軽にグルメ旅

公開日 2015/01/16

2014sweetsline_taiken_bn

浦添市観光協会が主催する「うらそえスイーツライン」は、那覇バスターミナルからバスとタクシーを利用して、浦添市内の人気スイーツショップやファストフード店、カフェ巡りを気軽に楽しんでもらおうと企画されたもの。那覇バスターミナルにある沖縄バス那覇営業所 定期・回数券販売窓口で「うらそえスイーツラインチケット(1,500円)」を購入すると、「那覇バスターミナル ー 浦添市内の各バス停」間の往復バス利用券とタクシー利用券1枚がセットに。さらに訪問先の各ショップでチケットを提示すると、うらそえスイーツライン限定のサービスも楽しめちゃうというお得な内容になっています!

 

▼スイーツラインの詳細はこちらから
うらそえスイーツライン

 

2014sweetsline_taiken01

みさなま、一体どんな風に旅を楽しんでくれているのだろう…と、もうね、あの…気になってしかたがないうらそえナビ。なんと今回、連休中の11月のとある日曜日、早朝から那覇バスターミナルにて待機! チケットを購入する方に(恐るおそる..)お声をかけて、同行をお願いしてみるという突撃取材を敢行してみたのです。こちらが快く引き受けてくださったお二人。あゆみさん(左)と安奈さん(右)です。 さっそくお気らく・ほっこり・あま〜い、うらそえスイーツ旅に出かけましょ♪

 

チケットをゲットして、
バスでウキウキ浦添市へ!

2014sweetsline_taiken02
まずは、沖縄バス那覇営業所 定期・回数券販売窓口で、チケットを購入。お二人で4店舗を周遊する「隠れ家満喫 スイーツコース」のご利用になります。ふだんから食べ歩きが大好きだというあゆみさんと安奈さんは、うらそえナビスタッフおすすめのスイーツ店「Happy Berry okinawa」にも行ってみたいとのことで、追加の「タクシーチケット(600円)」1枚も購入。この日の旅のプランが決定です。

 

あゆみさん&安奈さんのコースプラン

那覇バスターミナル → 牧港バス停 下車
徒歩:ブルーシール 牧港本店
徒歩:A&W 牧港店
タクシーチケット1枚目:Happy Berry okinawa
タクシーチケット2枚目:隠れ家カフェ 清ちゃん
タクシーチケット追加購入分:[oHacorte] 港川本店
徒歩:港川バス停 → 那覇バスターミナル 下車

 

あゆみさん&安奈さんの費用

スイーツラインチケットx 2 3,000円
タクシーチケットx 1 600円
お二人で合計 3,600円

 

※コースは1名様〜4名様用まで4タイプをご用意。
▼各コース詳細はこちらでご紹介しています。

うらそえスイーツライン|コースの紹介

 

2014sweetsline_taiken03
お二人と相談して、うらそえナビはA&W、隠れ家カフェ 清ちゃん、Happy Berry okinawaの3店舗に同行させていただくことにしました(ご協力、ホントにありがとうございます!!!)。あゆみさんと安奈さんは食べ歩き大好き&ショッピング大好きなどなど、共通の趣味や興味が多いそう。今回のテーマはちょっとディープな沖縄散策。うらそえスイーツラインのことは、県内の情報誌で知ったそうです。安奈さんは「前々から行ってみたかったお店がけっこう入っているのもいいんですよね〜」と、テンションアップ。路線番号32番のコンベンションセンター線の時間に合わせて7番ホームへ。

2014sweetsline_taiken04
ちなみにスイーツラインにご利用いただけるバスのフロントには、うらそえスイーツラインと書いた幕が掲げてあるので、それを目印に探すとわかりやすいですよ。ということで、バス体験が楽しそうなお二人。これから行くお店の特典も待ちきれないですよねー。さぁ、浦添市へしゅっぱ〜つ。うらそえナビスタッフは2軒目のA&Wにて、お待ちしてま〜す!

 

▼うらそえスイーツラインの参加店舗と特典紹介はこちら
うらそえスイーツライン|参加店舗・特典


日本初のファストフード店 A&Wで
アメリカンフードをエンジョイ

2014sweetsline_taiken05
国道58号沿いにある牧港バス停に降り立ったお二人は、今回の取材のためにちょっとコースを変更していただいて、先に徒歩で「ブルーシール 牧港本店」へ。アメリカ生まれ沖縄育ちの人気アイスを楽しんでから、「A&W 牧港店」へ来ていただきました。こちらは日本初のファストフード店としてアメリカから上陸。古き良きアメリカンスタイルのドリンクやバーガー、サンドイッチなどを、レトロでポップな店内でいただくことができます。さて、お二人が注文したのは…

2014sweetsline_taiken06
ハイ、こちら。「カーリー&チキンビット(390円)」(左手前)と「スーパーフライ S(200円)」。

2014sweetsline_taiken07
チケット提示で「ルートビア R(210円)」が半額になる特典ももちろん利用。A&Wの名物ドリンク、ルートビアが冷え冷えのグラスで登場しましたよ~。

2014sweetsline_taiken08
「ここのスーパーフライって、ひと味違うんだよねー。このクルクルのフライもかわいい〜。ひとつもらっていい?」(あゆみさん)。「コーラじゃないし、ドクターペッパーっぽい? ルートビアってなんか不思議な味でクセになりそう」(安奈さん)などと、女子トークもはずみます。店内のアメリカンな雰囲気もスゴく気に入ってくれた様子で、まだまだ旅は軽い腹ごなし!? (笑)。

2014sweetsline_taiken09
食べ終わる時間を見計らって、ここからはタクシー移動。タクシーチケットに記載されている電話番号にTELして、タクシーを呼ぶとだいたいの到着時間を教えてくれます。タクシーを頼む際には、「うらそえスイーツラインチケットを利用して、、」と一言添えてくださいね。もちろん配車料などはかかりません。この日は5分ほどでタクシーが到着。さぁ、お次はハッピーベリーへ向かいましょう!


手づくりマフィンやケーキが絶品な
Happy Berry okinawaでゆったり

2014sweetsline_taiken10

2014sweetsline_taiken11

安心・安全な素材を使用し、お店で手づくりするスコーンやマフィン、ケーキなどがバラエティ豊富にならぶ「Happy Berry okinawa」。お持ち帰りだけでなく、ショーケースから好きな商品を選んで店内のおしゃれなカフェスペースでいただくこともできます。

 

2014sweetsline_taiken12
「アレもコレもおいしそう! う〜ん、どうしよ〜」と迷うことしきり。こちらは季節限定のスイーツなどもあって、うらそえナビスタッフもいつも迷っちゃいます(笑)。1月ならまだ、旬のリンゴを使ったタルトがお店に並んでるかも知れませんよー。

2014sweetsline_taiken132014sweetsline_taiken14

2014sweetsline_taiken15

迷いに迷ってお二人がオーダーしたのは、この時期限定の「さつまいものモンブラン(480円(税抜))」(写真左上)と、お食事系マフィン「手づくりトマトソースとたっぷりチーズ(430円(税抜))」(写真右上)。こちらでは、ラム酒の風味がしっかりきいた大人のスイーツ「ラムボール」(写真下)がサービスになるんです!

2014sweetsline_taiken16
アンティーク雑貨や木の家具、レトロなソファなどで彩られた店内も、とっても落ち着く雰囲気。ケーキやマフィンだって、おいしいのはもちろん、しっかりと食べごたえがあり、ゆっくりと時間を満喫できます。

2014sweetsline_taiken17
「こういう地元の方しか知らないお店に来てみたかったんですよ。」(安奈さん)。

2014sweetsline_taiken18
「季節的にもビーチって感じじゃないし、こういうゆったりした時間ってとてもいいですね。」(あゆみさん)。

うらそえナビスタッフもついつい旅気分で、話に花が咲いてしましましたが、そういや、まだまだ次がありますね(汗)。そろそろ次のお店に行きましょうか…


多彩なエスニックが魅力
まさに隠れ家な外人住宅カフェ

2014sweetsline_taiken19
続いて向かったのは、キャンプキンザー脇を抜けてたどりつく、まさに隠れ家的なエスニックのお店「隠れ家カフェ 清ちゃん」。こちらは浦添市では恐らくここだけでは?と思われる海カフェ。あいにくこの日はお天気がすぐれなかったので、テラス席は断念しましたが、ステキなオーナーご夫婦がにっこり迎えてくれました!

2014sweetsline_taiken21

2014sweetsline_taiken20
こちらはインドやタイカレー、ベトナムのフォーなどのエスニック料理が自慢。二人が注文したのは15時〜18時の間提供している「ティータイムセット(650円)」です。このセットは、メインのお食事メニュー6品から選べるハーフサイズの軽食、またはスイーツなどのサイドメニュー4品から選ぶ1品にプラス、ドリンクがつくセット。あゆみさんが選んだのは、紅芋といもくずをペースト状に練ったものを揚げた「ウムクジアンダギー」と沖縄産の「琉球紅茶」(写真上)。台湾料理の「ルーローファン」のハーフと首里の自家焙煎店「生豆屋」さんのコーヒーのセット(写真下)は安奈さんのチョイスです。

2014sweetsline_taiken22
とはいえ…やっぱりどっちも味わってみたいのがオトメ心♪ お二人仲良くそれぞれのオーダーをシェアしてました。やっぱり旅先での食事ってあれもこれも味見してみたいって思いますよね! 家族やカップルでいろいろ食べ比べしてみるのも楽しそうですね。

2014sweetsline_taiken23
そしてこちらからは特典で「三月菓子」のプレゼントが。三月菓子というのは、沖縄で旧暦の3月3日に作る伝統菓子で、昔はこのお菓子を持って女性たちが浜に下り、潮干狩りなどを楽しんだそう。現在の女子会みたいなものとでもいいましょうか…「へぇ、そんな行事があるんですねー。お天気のいい日にテラス席で海を見ながら食べるともっとおいしいですよね、きっと」とちょっと残念そうなあゆみさん。「味はサーターアンダギーと似てるかな? 何だかこの細長い形もおもしろいですね」

2014sweetsline_taiken24
この後、[oHacorte]で、お土産用のスイーツを購入して那覇バスターミナルに戻るとのお話です。(さすがにもうお腹いっぱいみたい(^^))。残念ながら、私たちはここでお別れなので、名残り惜しいではありますが、お二人にスイーツラインの感想を聞いてみました。

「これまで知らなかったお店もとってもステキでおいしかったし、ホントお得がいっぱいって感じ。楽しかったです!」とあゆみさん。安奈さんは「秋から冬場の新しい沖縄の楽しみ方を発見できてよかった。あと、普段乗らない、タクシーやバスに乗ると違った沖縄が体験できたのでとても楽しかったです。」

2014sweetsline_taiken25
さてさて、ということで今回は実際にスイーツラインを楽しんでいる様子をご紹介しましたが、 浦添市のPR大使 てだこレディもおすすめの「うらそえスイーツライン」。いよいよ2015年1月31日(土)で終了となります! みなさまもぜひお得なチケットを利用して、この機会に浦添市に足を運んでみてくださいね!

2013年度、てだこレディの二人もスイーツラインをちゃっかり楽しんでみました!な動画もどうぞ。

 

 

 

うらそえスイーツラインへのお問合せ

浦添市観光協会
TEL:089-874-0145
浦添市勢理客4-13-1
平日:9:00〜18:00

 

 

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る