佐和田洋菓子店 (さわだようがしてん)

公開日 2014/10/27

古き良き洋菓子店のオールド&ニューお菓子

浦添市を横断する県道251号線、通称「パイプライン」は、グルメもうなる安くておいしい名店ぞろいのストリート。通常この道を通る時は、空腹具合とカロリー計算とお財布事情と待ち合わせ時間との葛藤。ですが、今日は取材という立派な名目があるので、心おきなくタチヨリマセウ。

佐和田洋菓子店
40年近く続く佐和田洋菓子店は、パイプライン沿いで佐和田さん一家が営む地元っ子御用達の店。現在は世代交代し、長男・弘安さんが二代目店長として頑張っています。

佐和田洋菓子店 弘安さん
大柄で、人懐っこい印象の弘安さん。作業でお忙しいはずなのに、終始ほがらかな笑顔で対応してくれる、まさに天与のスマイルの持ち主。「きっと、この店のおやつはおいしいんだろう」と確信が持てます。 高校卒業後すぐに、東京の菓子店で働き、23歳で帰郷。それから約20年、実家であるこの店を支え続けているのだとか。「Q:家族同士の職場で心がけていることは?」「A:楽しくやること」。「Q:趣味は?」「A:サッカー」「Q:好きな食べ物は?」「A:(隣りにある)はつみ食堂の黄色いカレー」。押しつけがましい経営論もなく、回答もいたってシンプル。よい人が作るおやつ、きっと皆が大好きな、ストライクの味がするだろう、と強く再確信。

佐和田洋菓子店
昔ながらの洋菓子店らしく、洋と和が所狭しと並ぶショーケース。生ケーキ、その横にはオーソドックスな焼き菓子や法事用の伝統菓子などがずら~り。バラエティ豊富に並んでいます。
佐和田洋菓子店
佐和田洋菓子店
佐和田洋菓子店
さらにショーケースの背後には、スーパーなどに卸すために製造中のお菓子の山、山、山。こんなにどら焼きが積まれているのを見るのは、生まれて初めて! と、身を乗り出してパシャリ。お菓子屋さんって楽しいな~、とうっとりします。
佐和田洋菓子店 桑の葉田イモ
と、ここで、浦添市いちおしの食材、島桑と田イモも組み合わせたオリジナル商品「桑の葉田イモ(140円)」を発見!

佐和田洋菓子店
パン生地の上に田イモあんを乗せ、蒸したあとに冷まし、桑の葉生クリームとカスタードクリームを入れて冷やす、という数工程を経て作り上げるのだとか。中に入った田イモあんと生クリームが重たすぎず、冷たいおやつパン感覚でパクパク進みます。ボリューミーでリーズナブルなのも、庶民にうれしい存在です。

佐和田洋菓子店 桑の葉ダックワース
まんじゅう以外にも島桑を使った商品「桑の葉ダックワース(150円)」もあります。上品なパッケージに包まれた、小ぶりな洋菓子で、外はサックリ、中はふんわり。生地にカシスジャムをはさんだ、軽やかな食感が美味なのです。


佐和田洋菓子店
プリントされた「浦添桑菓撰」とは、浦添商工会議所の呼び掛けに賛同した市内の製菓店やメーカーが、市民の声も生かしつつ、作り上げたおみやげブランド。自店のものをはじめ、他店の商品もそろえた販売コーナーを設けているので、島桑関連スイーツの食べ比べも楽しめますね。
佐和田洋菓子店 ジャーマンケーキ
取材終了後、おみやげに(決してドイツが発祥ではない)沖縄の定番洋菓子「ジャーマンケーキ(152円)」(写真左)までいただきました。ジャーマンケーキは通常、ホールケーキサイズの大きなものが多いのですが、こちらのはマドレーヌのようなミニサイズ。食器要らずなところが好ポイントですね。定番のスイーツに、店独自のアイデアをさり気なく散りばめてるなんて、これまた脱帽です!アッパレ、佐和田洋菓子店!

DATA

taberu_sawadayogashi12

店名
佐和田洋菓子店
(さわだようがしてん)
問い合わせ先
098-879-5075
住所
沖縄県浦添市屋富祖2-2-3
営業時間
8:00~19:00
定休日
日曜
駐車場
なし

地図

佐和田洋菓子店

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る