琉球すばラーメン わざ家

公開日 2021/08/17

赤と黒に黄色い文字!目立つ「のぼり」が目印のラーメン店!

今回は2021年1月28日に国立劇場おきなわにリオープンした、琉球すばラーメンわざ家を紹介します。
場所は国道58線を那覇市から北向け、浦添市勢理客(じっちゃく)交差点を左折して少し行くと、右手に国立劇場おきなわがあり、赤と黒に黄色い文字の「のぼり」が目印です。
以前は、向かいの結の街1Fにチャレンジショップとして3年間出店されており、満を持して移転。
のぼりには元祖 琉球すばラーメンと書いてありますね~。それでは、さっそくわざ家イチ押しのメニューを紹介します。


image2 (3)


琉球すばラーメンって何?

琉球すばラーメンとは、わざ家の大沼店長が考案しました。特徴は、豚骨の出汁と昆布とカツオ出汁のスープ。横浜家系のベースを守った美味しさを活かしながら、沖縄の人の味覚に合わせて豚油とてびちを加え、旨み成分を抽出。コクがあるのにさっぱりしたスープに仕上げているんです!麺は沖縄すばの生めんを使用、トッピングにもこだわり、県産のカラシナや京都産の九条ネギを使っています。
じっくり煮込んだ自家製チャーシューもオススメですよ!

おすすめのメニューはルーローまぜすば!

ルーローまぜそば

 

海老塩ラーメン

①海老塩WAZA

本場の台湾ルーロー飯!

さて、珍しいことにわざ家さんには、台湾定番の煮込み豚肉かけ飯の「ルーロー飯」があるんです。味の特徴を伺うと、「オリジナルの特性食材と三枚肉を甘く焼き煮して仕上げ、親しみやすい美味しさに仕上げています。」とのこと。小ぶりな茶碗に盛られたルーロー飯を、琉球すばラーメンと一緒にオーダーするのもいいのではないでしょうか。

②ルーロー飯

 

あなどれない本格中華粥

干しホタテ、干しエビなどの食材で炊く、うまみたっぷりの中華粥。干しホタテは北海道紋別町産を使用、干しエビはチャイナタウンから仕入れているとの事。その他の具材は企業秘密とのことです。お粥は胃腸にも優しくヘルシーですよね。普段から食事に気を使っている人や、軽く食べたいという方におすすめです。トッピングも無料で10種類以上取り揃えているので、楽しくなっちゃいますね。たかがお粥、されどお粥、あなどれない本格中華粥なのです。

01中華粥

02中華粥・

 

本格的な美味しさで、皆さまから喜ばれる店に。

最後に、大沼店長が「琉球すばラーメンわざ家」をオープンした理由を伺いました。

大沼店長:「私は神奈川県の湘南出身なのですが、旅行で沖縄に来た時、海の美しさに感激したのと同時に、沖縄の人たちのあたたかさにも感激しました。そして、いずれ沖縄に住んでみたいと思うようになり、15年前に移住してきたんです。今回、神奈川にいた頃の横浜家系ラーメンで修行した経験を活かし、沖縄の人の味覚にも合いそうなラーメンを提供したいと思い、琉球すばラーメンわざ家をオープンしました。県産の食材や中華食材を使った本格的なメニューでお客様に喜んでいただきたいです。」

01大沼店長

こだわりの中華食材はチャイナタウンから仕入れているとのこと、チャイナタウンとは「横浜中華街」のことなのですが、大沼店長は矢沢永吉さんの大ファンで、永ちゃん風に「チャイナタウン」と言わせて!とこだわっていました。店名をわざ家(やざわの逆)、オープン日を9月14日(矢沢永吉さんの誕生日)にしたのもそういうことのようです。

image18

基本情報

店名 琉球すばラーメン わざ家
問い合わせ先 090-3230-5406
住所 浦添市勢理客4-14-1 国立劇場おきなわ1F
営業時間 11:00~21:00
定休日 月曜日
駐車場 国立劇場おきなわ駐車場をご利用ください。
支払い クレジットカード:不可、電子マネー:不可
Webサイト

地図

琉球すばラーメンわざ家

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る