市内に広がるグリーンの燕ユニホームの和

公開日 2014/12/11

tokusyu_swallowsgoods_bn

「燕パワーメントユニホーム」を着て、スワローズキャンプを熱烈歓迎!

tokusyu_swallowsgoods3_01
スワローズの球団カラーといえば、水色あるいはブルーだけど、ディープなファンは涼しげな顔で「グリーンもあるよ」とサラッと答える。ん?緑?その涼しげな顔の持ち主、商工産業課の真境名(まじきな)氏によると、「2013年の“TOKYO燕(えん)プロジェクト”発足に伴い、プロジェクトカラーの緑を基調にした“燕(えん)パワーメントユニホーム”が作られたんですよ」とのこと。毎年8月に設定されたプロジェクト期間中、選手たちはこの緑色のユニホームを着用して、神宮球場のホームゲームに臨んでいるそうだ。

tokusyu_swallowsgoods3_02
TOKYO燕プロジェクトとは、(1)本拠地東京における人や地域の「円」の拡大、(2)スワローズとの「縁」の深化、(3)「エン」ターテインメントの追求、(4)ファンからの「エン」パワーメント(empowerment=力強い応援)、という4つの「えん」を柱にした企画・取り組みのこと。プロジェクト期間中はファンサービスの一環としてさまざまな催しが行なわれ、燕パワーメントユニホームのプレゼントや、緑を基調にしたメガホン、タオルなどのオリジナルグッズも販売される。

tokusyu_swallowsgoods3_03
そして何ともありがたいことに、球団のご厚意で、この燕パワーメントユニホーム約200着が浦添市に寄贈されたのだ。真境名氏らは「浦添でもプロジェクトの理念に沿って、ファン拡大に役立てよう」と、スワローズ浦添協力会の会員企業に対し、貸し出しを始めた。「11月末の時点で3社から申し込みがありました。これからキャンプインに向けて、多くの人の目に付くような業種の企業にPRしていきたいですね」と、やる気満々。

 

tokusyu_swallowsgoods3_04

せっかくなので、商工産業課の上原さんと加藤さんに試着してもらい、着心地をチェック。「軽くてオシャレでかさばらず、ジャケット感覚でゆったり羽織れるのがGoodですね♪」とお2人ともご満悦の様子。冬の間はちょっとした防寒にも役立ちそうだ。

tokusyu_swallowsgoods3_05

ユニホームの貸し出しは会員企業限定のため、残念ながら一般個人向けに行なう予定はない(加藤さんが持っているのがスワローズ協力会会員証)。キャンプ前やキャンプ期間中、市内で緑色のユニホーム姿の人を見かけたら、「お、燕パワーメントユニホームやっさ~」と、笑顔でエールを贈ってあげよう。

トップへもどる > つば九郎の前身、ヤー坊&スーちゃんとは!? > 浦添市とスワローズのコラボかりゆしウェア > 市内に広がるグリーンの燕ユニホームの和

 

DATA

浦添市商工産業課
(浦添市観光協会、東京ヤクルトスワローズ浦添協力会)

住所 浦添市安波茶1-1-1 浦添市役所5階
電話 098-876-1234(内線3165)

 

地図

浦添市商工産業課

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード