国立劇場おきなわへ出かけよう!

公開日 2014/09/18

tokusyu_8kokuritugekijyobn

劇場のさまざまな楽しみ方を紹介

tokusyu_8kokuritugekijyo201

「国立劇場おきなわ」は、国の重要無形文化財「組踊」をはじめとする沖縄伝統芸能の保存振興を図るとともに、沖縄の地理的・歴史的な特性をいかし、伝統文化を通じたアジア・太平洋地域の交流の拠点となることを目的として、平成16年1月に浦添市に開場しました。1年を通し、組踊、琉球舞踊、琉球音楽の公演が行われています。また定期公演や普及公演などの自主公演、沖縄の芸能に影響を与えた本土の芸能、アジア・太平洋地域の芸能などの企画公演など幅広い芸能を紹介しています。

tokusyu_8kokuritugekijyo202

劇場1階にある「大劇場」(632席/プロセニアムステージ時)は、伝統芸能の上演を想定とした設計で、張り出し舞台と歌舞伎でお馴染みの花道の両方の機能を備えた可変式の舞台です。組踊の上演時には、舞台の横に字幕が表示されますので、ウチナーグチ(沖縄方言)が分からない方も楽しんで観ることができます。この他、研修や小規模の独演会、発表会などに適した「小劇場」もあります(255席/プロセニアムステージ時)。

tokusyu_8kokuritugekijyo203tokusyu_8kokuritugekijyo204

劇場1階にある「展示資料室」では、上演されている演目に合わせ、実際に舞台で使われている衣装や小道具、台本など、貴重な資料が展示されています。衣装や小道具の名前、所作の意味なども丁寧に説明されているので、作品の内容をより深く知ることができます。ここを訪れてから鑑賞すると、さらに作品を楽しめると思いますよ。上演作品のチケットは、劇場1階にある「チケットカウンター」で販売しています。チケットカウンター前には上演作品のチラシなども用意していますので、お気軽に手に取ってみてください。チケットは、県内プレイガイドやインターネットでも購入できます。

tokusyu_8kokuritugekijyo205tokusyu_8kokuritugekijyo206

鑑賞の前後にぜひ訪れてほしいのが、劇場2階にある「レファレンスルーム」です。組踊をはじめ、沖縄や日本の芸能・音楽・芝居に関するさまざまな資料が閲覧できます。初心者でも楽しく組踊について学べるように、紹介DVDやパンフレット、書籍などもありますので、ぜひ足を運んでみてください。

tokusyu_8kokuritugekijyo207tokusyu_8kokuritugekijyo208

劇場内には、役者さんたちが稽古をする大小さざまな広さの稽古室があります。その稽古室や大劇場・小劇場などを一般の方も利用できること知っていましたか? 実は、サークル活動の発表の場や練習室として、誰でも利用できるんです。県内外で活躍する役者のみなさんと同じ稽古室で練習すると、早く上達するかもしれませんよ。上演作品を観に行くだけでなく、楽しみ方がいろいろある国立劇場おきなわに、ぜひ遊びに行ってくださいね。

 

 記事トップへ › 組踊について学ぼう!  国立劇場おきなわへ出かけよう! › バックステージツアー&夏休み親子劇場探検ツアー

DATA

国立劇場おきなわ

施設名
国立劇場おきなわ
住所
沖縄県浦添市勢理客4-14-1
お問い合せ先
098-871-3350
(国立劇場おきなわ チケットカウンター)
Webサイト

 

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る