浦添市!「ふるさと祭り東京‐日本のまつり・故郷の味‐」へ出店!

公開日 2016/01/29

ふるさと祭りin東京

うらそえナビをご覧のみなさま、東京でお会いしましたみなさま、そして全国の!ぜ~んこく!の沖縄好きなみなさま。 ついに全国デビューを果たした浦添市からお届けします! いきなり全国デビューって何が?と思われたかも知れませんが…実は浦添市観光協会、正月休みもそこそこに、2016年1月8日~11日までの4日間、東京ドームで開催された「ふるさと祭り東京‐日本のまつり・故郷の味‐」でバンミカしてきました!(バンミカス=「殴りこみ」←笑…) 全国のうまいものとまつりが揃ったビッグでグレートなイベントで、我々も浦添自慢の味と魅力を全国のみなさまにアピ~ル! さっそくその様子をレポートしちゃいましょう!

東の都、東京!エスカレーターは左でしたっけ!?
それにしても東京ドームがスゴい人だ~!!

さて、はるばるやってまいりいました東京ドーム! 我らが東京ヤクルトスワローズの宿敵、読売ジャイアンツのホームでございます。。。 会場周辺にはそこかしこに、これでもか!というくらいふるさと祭り東京の看板が立っています。 これから始まるイベントの大きさが伺えますね。 少しばかり緊張してきました。 準備を整えているうちに、あっという間に開場の時間が目前。 そして「王ゲート」「長嶋ゲート」のある、東京ドーム22番ゲートの前でいよいよオープニングセレモニーの始まりです!

沖縄との気温差10℃以上!!!! 開場時間が迫るにつれて、どんどんどんどん、どんどんどんどん!って、どんだけ~! アッという間に黒山の人だかりが!メディアの数もすごいんですよ。 それもそのはず、ふるさと祭り東京は、BSフジ、サンケイスポーツ、夕刊フジ、ニッポン放送、サンケイリビング新聞社、チバテレビ、tkvコミュニケーションズなどなど、各メディアが協力企業に名を連ねています。 全国ネットのテレビ番組などで、このイベントが紹介されているのを観た方も多いのではないでしょうか。

オープニングセレモニーではミス沖縄がお手伝い。 その間にもどんどん人が並んで並んで、ものすごい数です。 八戸の「おがみ神社」の獅子舞で、イベントの繁盛と安全祈願。 そして、沖縄市胡屋青年会のエイサーでカリー(縁起)をつけていざオープンしました~。 いきなり沖縄色全快で、うれしいスタートです!

この日、どれだけの人が集まってくるのか、不安と期待でチムどんどんしながらドームの中へ! セキュリティを通り、スワローズの選手も通ったであろう3塁側の通路を歩いて、いざグラウンドレベルへ。

浦添市観光協会ブースのある沖縄エリアは、メインの「全国ご当地どんぶり選手権」のチケット販売所と各どんぶりのブース付近という好位置。 今回は浦添市の市産品であるサーターアンダギーと、いつも明るい垣花おじさんがヒミツの製法で作る「黒糖わたあめ」をバーンとご用意しました。 できたてをお届けするために、せっせと揚げている仲里屋の息子さんも、緊張の面持ち??で準備中です。

…と程なく、ドタバタという足音と共に、人がなだれ込んできました! 見る見るうちにこの通り。 いやいや、恐るべし東京ドーム。 恐るべしふるさと祭り東京です。 このイベント、2015年はなんと10日間で約40万人もの人が来場したそうです。 どれくらい? ええっと、おおよそ浦添市と那覇市の人口を合わせたくらい? びっくりポンですよ!

全国のうまいもの・お祭りが大集合!

さてさて、せっかくなのでその他、開場内に賑わいぶりもお届けしましょう。 「ラッセーラー、ラッセーラー」の掛け声と共に踊る青森ねぶた祭りの山車と、秋田県能代の能代七夕「天空の不夜城」を横目に、会場全体は一体どうなっているのか?と思い、お客様がどんどん流れていくスタンドのほうへ向かうとご覧の通りです↓

ちなみに夜は、下の写真のような感じでお祭りの雰囲気が演出されています。

さぁ、お待ちかねの全国のうまいものを画像でお届けします! ここからは、余計な説明抜き! 写真でお楽しみください!(あ、決して手抜きではありませんよ…) まずは、ご当地どんぶり選手権のどんぶりからどうぞ!

海の幸

肉、にく、ニク

漬物からスイーツ、山の幸まで盛りだくさん!食べものだけではなく、工芸品などもたくさん出店されていたのですが、その中になんと…

本土での物産展でもおなじみ、オリジナルのヘビ革商品が人気の石嶺商事さんのブースもありました。 ちなみに写真がわかりズラいかもなので、下の写真は浦添市でのイベントの出店の様子なんです!

そしてスイーツストリートには、沖縄メイド(しかも浦添メイド!!)のアイスクリームブランド、ブルーシールのブースが! 「沖縄県浦添市」の文字がしっかりと入っております。

お祭りは、高知県から「高知よさこい」の演舞がおこなわれていましたよ!

もちろん我々スタッフは遊んでいたわけではなく、敵地東京ドームで、スワローズかりゆしを身にまとい、パンフレットの配布などをせっせせっせ。 汗をかきながら配布をしておりました!

ミス沖縄やミスハイビスカス、ちゃんぷる~沖縄市大使にチカラを貸していただきながら、浦添市をガッツリPR! 全国、いや世界のみなさまに「浦添市」を「うらそえ市」と認知してもらえる日まで、頑張りますよ~~!!

さて、お届けしたふるさと祭り東京出店レポ。今回も最後まで読んでくださって、ありがとうございました! 我々スタッフ一同、「浦添市」の知名度を向上させ、観光で浦添市が発展するように日々汗をかきながらがんばっております。 東京の会場で声をかけてくださった皆様、スワローズの服を着ていた事で声をかけてくださった東京のスワローズファンのみなさま、全国の沖縄ファンのみなさま、そして、浦添市民の皆さま。今回のイベント出店で学んだことも含め、今後もどんどん浦添市をPRしてまいりますので、ご協力よろしくおねがいします! 次は、2月の春季キャンプでみなさんとお会いできることを、一同心より楽しみにしていますので、ぜひ浦添にめんそ~れ!

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る