島桑の恵みを丸ごとつめこんだ「てだ桑茶」を味わおう

公開日 2014/09/18

tokusyu-simaguwa-bn00

島桑100%。優れた栄養価にも注目!

tokusyu-simaguwa-p0301

養蚕用と同じ島桑の葉を100%原料に使い、風味豊かで栄養価の高いお茶に仕立てた「てだ桑茶」。2010年から本格的に商品開発が始まり、幾多の試行錯誤を経て、12年に製品化に成功。浦添ブランドの新たな特産品として販売が始まりました。現在の商品ラインアップは、ティーパック包装した焙煎茶タイプと、粉末状のパウダータイプの2種類があります。

tokusyu-simaguwa-p0302

桑葉を収穫して養蚕を行ない、繭から糸をとって絹織物をつくる、という一連の流れは、太古の昔から世界中で行なわれてきた普遍的な営みです。しかし、一つ課題がありました。お蚕さんを育てるのに最も適した条件がそろっているのは、1年のうち主に5月と10月頃。つまりそれ以外の季節は、桑葉が大量に余ってしまいます。そこで浦添市シルバー人材センターの会員さんが、「もったいないから、お茶にしてみたらいいさー」と茶葉の試作を始めたのが、てだ桑茶開発のきっかけでした。

tokusyu-simaguwa-p0303

収穫した桑の葉は、養蚕用もお茶用も、養蚕絹織物施設サン・シルクに運ばれます。1階に茶葉の加工室があり、養蚕グループのシルバー会員さんが茶葉の製造も担当しています。養蚕職人にしてお茶職人の顔ももつおじぃとおばぁ。何だかカッコイイですね!

tokusyu-simaguwa-p0304

加工の手順は緑茶とほぼ同じです。そう、スピードが命なんです。収穫して時間がたつと、酸化が進んで渋みが強くなってしまうため、運ばれた桑葉はその日のうちに蒸気で蒸して酸化を止めます。その後、半日間ほど乾燥させた後、焙煎機にかけて粉砕加工業者に出荷します。

tokusyu-simaguwa-p0305

てだ桑茶は、ただおいしいだけではありません。島桑の葉には、食物繊維、カルシウム、鉄分、ビタミンB2などの栄養成分が豊富に含まれていることが分かりました。また桑葉の新芽に多く含まれる1-デオキシノジリマイシン(DNJ)という物質には血糖値改善の効果が認められており、今後はこれらの機能性を生かした、健康食品の開発も検討されています。

tokusyu-simaguwa-p0306

パウダータイプのてだ桑茶は、飲料用以外にも活用の幅がどんどん広がっています。「桑っちーコンテスト」の応募作を見ても、むふふ♪と笑顔がこぼれる料理やお菓子が毎回そろっていますよね。秘められた無限の可能性に、私たちの夢も妄想もどんどん膨らみます。
うらそえナビでは、先日行われた「第3回 桑っちーコンテスト」の最終審査での様子もご紹介しています。こちらのページも、ぜひ覗いてみてくださいね。
http://www.urasoenavi.jp/tokushu/2014091800010/

tokusyu-simaguwa-p0308

ほのぼのとしたパッケージもなんだか微笑ましい「浦添てだ桑茶」は、ティーバックの焙煎茶タイプが540円(税込)、パウダータイプが648円(税込)。オンラインショップや浦添市内を中心とした店舗で購入できます。購入についての詳細や浦添てだ桑茶を使ったレシピなど、こちらのサイトも、ぜひ参照ください。
http://tedakuwa.jp/

 

 記事トップへ  › 島桑の畑に行ってきました  手織りのシルクブランド「うらそえ織」の魅力に迫る › 島桑の恵みを丸ごとつめこんだ「てだ桑茶」を味わおう

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード