スシロー 浦添バークレーズコート店

公開日 2016/02/17

業界売り上げNo.1のスシローが浦添に見参!
沖縄初出店の好評ぶりに迫る

沖縄では、ここ数年の間に○○寿司とかXX寿司とか本土の回転寿司店が続々とオープン。回転寿司戦国時代到来の様相を呈しています。そして、満を持して2015年9月に登場したのが、本社を大阪におくスシローです!沖縄初出店の第一号店が浦添市ということで、連日かなり混み合っているとのウワサ…さっそく取材に伺ってみました。

susiro01

susiro02
はい、こちらが入り口です。外にもお客さんが座って待てるスペースがあるんですね。「はい、店内にも外にもウェイティングスペースがあるのは沖縄店だけです」。えーと、冬もそんなに寒くないからですか?「いえ、そういうことではないです。入り口をゆったりと取るために、こういうデザインになりました」。順番が来るまで座って待てるのは助かりますね。

susiro03
入り口を入ると広々とした待合室があります。みなさん、取材したのは、通常ならお客さんが少ない(はずの)時間帯なんですよ! しかも平日。食事時間に関係なく、お客さんが次々と来店されるのにはビックリです。「これも浦添バークレーズコート店の特徴です。県外の店だと、お昼時間を過ぎると高校生とかが多いんですが、沖縄はご家族連れの方がずっと途切れませんね」。さすがスシロー、ウワサにたがわずスゴい人気です。

susiro04
えー、混んでて待つの? すぐに入れないの?と思ったあなた。安心してください!スシローにはスマホ専用のスシローアプリがあるんです。アプリをダウンロードすれば、前もって予約や受付をすることができます。30分前と10分前に呼び出してくれるから、それから店に行って予約番号でチェックインすればOK。先に店に来て受付(人数とカウンターかテーブル席かを選ぶ)を済ませ、時間になるまで他の店でお買い物なんてこともできます。いいでしょ? なんたって立地は、複合型商業施設のバークレーズコート内ですから、駐車場も広々。ついでのショッピングもばっちりなんです。

susiro05

あ、ちょーー忙しいという安達店長がきてくれました。ほのかな関西なまりがある安達さん、ずばり大阪ご出身ですね? 大阪から大抜擢で沖縄一号店にいらっしゃった?「沖縄には何度か旅行できたことがあって。ずっと沖縄で勤務したいと志願していました。願いがかなって幸せです」。沖縄好きなんですね。うれしいです。浦添市へようこそ! 浦添バークレーズコート店ならではの特徴ってありますか?

susiro06
「やはり、お子さま連れが多いですね。ほとんどの方がボックス席で、家族連れでいらっしゃいます」。そうそう、沖縄の人って外食好きなんですよ。行事のときはもちろん、ちょっと今日は外で食べようか~と軽いノリで出かけます。「あと、お土産用の持ち帰りも多いです」。人気の寿司ネタはどうでしょう?「スシロー自慢のまぐろがよく出ますね。もちろん鮮魚全般も」。店長さん、忙しくて休憩してるヒマもないんじゃないですか? 「おかげさまで、たくさんのお客様に来ていただいています。オープンからびっしりで、一瞬すくのが16時~17時くらい。あとは、22時30分までいっぱいです」。

susiro07
スシローの人気の理由は、まずそのメニューの豊富さ。毎月変わる旬のネタ「今月の太鼓判」をはじめ一般的な寿司ネタはもちろん、ラーメンやうどんなどの一品料理、デザート、キッズメニュー、ドリンクメニューなど、その数、実に約130種類というからスゴい!

susiro15

susiro16

さきほど安達店長がおっしゃっていたお持ち帰りメニューも豊富です。セットメニューも多彩で1人前400円+税~。単品メニューの詰め合わせもできます。押し寿司(こちらは数量限定)、サイドメニューやデザートも持ち帰り可能。ネット注文もできますから、いざというとき覚えておくと便利ですねー。

susiro17

さらに、店内でこだわりのひと手間をかけるのもおいしさの秘密です。今回は特別に厨房に入らせていただきました。余談ですが厨房に入る前の徹底した手洗い、半端ないですよ! 厨房に入るまでに5分はかかりますよ。間違いなく人生で一番真剣に手を洗いましたよ、私。スシローの衛生管理に対するプロ意識、しかと受け取りました!!!

 

susiro08
ということで、まずは皮引き。鯛やはまちなど皮目がおいしい魚は、店内で皮引きをします。簡単そうにやっていますが、実は難しいんですよね?「もちろんです。皮と身の間に脂の旨味がいちばんあるので直前に皮引きするからおいしいんです。包丁や角度も大事ですし、なにより経験するしかないです」。

susiro09

susiro10
ビフォー・アフターを並べてみるとこんな感じ。なるほど。ほんとにおいしそうです。

susiro11
次はまぐろを切ります。って、えっ! 回転寿司って切ってあるネタをポンポンのっけてるのかと思ってました。「スシローではまぐろの鮮度とおいしさを保つために、温塩水で解凍したまぐろを店内で切って出すから、おいしく提供できるんです」。はー、そうでしたか。

susiro12
そして、あぶりです。炙り上穴子やえびチーズなどは、提供する直前にさっとあぶって出してくれます。写真は、えびチーズ。うーん。香ばしい。

susiro18

 

他にも、揚げ物はアツアツの揚げたてを、シャリは店内で美しく炊き上げていて、どこまでも店内調理にこだわっているのです。

susiro13

そういえば、間違って他の人が注文したものを食べてしまうなんてことはないですか?メニュー数も多いし、お客さんが自分のものだと勘違いしそうですが。「そういうことがないように、テーブル席は番号だけでなく色で識別していまして、座席番号の色のカップにのった寿司が席に届くようになっています」。あ、この番号の色はそういう意味があったんですね! こりゃ便利。ふむふむ。これなら他の客とメニューがかぶっても間違えることが少ないですね。

 

こだわりと気遣いがつまったスシロー。人気の裏にはこうしたしっかりとしたシステム作りや各店舗のスタッフのがんばりがあるんですね。納得です。全国展開しているお店は、場所を問わず共通したサービスや味が期待できるので旅先でも安心感がありますよね。沖縄料理も食べ尽くしたし…なんていう観光の方も、スシロー全店を制覇したいっていうマニアな方も、沖縄初出店のスシローで浦添ローカルな雰囲気に触れながら、気軽に寿司をつまんでみてはいかがでしょう。

 

そういえば、安達店長。沖縄に来てからというもの、観光に出かける暇もないほどお忙しいそうです。。お店が大繁盛なのは喜ばしいのですが、ぜひ店長さんに休みをとっていただいて、沖縄の素敵な場所にもたくさん行ってほしいなーと思ううらナビスタッフでした。

 

 

DATA

susiro14

店名
スシロー 浦添バークレーズコート店
問い合わせ先
098-870-0563
住所
沖縄県浦添市当山2-2-4
営業時間
11:00〜23:00(L.O.22:30)
※土日祝は10:30〜
定休日
なし
駐車場
バークレーズコート内
支払い
クレジットカードOK
Webサイト
フィード情報

地図

スシロー 浦添バークレーズコート店

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

  • LINEで送る